| Main | All |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | | Top ↑
リフレッシュ!
10月11~13日の3日間・・・
日頃の忙しさから開放されてリフレッシュに出かけてきました。
11日の午前中はお仕事だったので、夕方出発。
リレーツバメ、新幹線、そして私鉄と乗り継いで、目的地に着いたのは夜遅くでした。
いつも旅をする時は、朝一番の電車で出かけるのでわからなかったのですが、
週末の新幹線ってサラリーマンや家族連れで思いの外混んでいるのですね(^^ゞ

着いた日は翌日に備えてとりあえずゆっくり過ごします・・・
というか、夜も遅いのでそれしかないというか・・・(笑)

2008 10月13日 名古屋の旅  010
さて、翌朝は、とある港まで車で移動してフェリーに乗りました。
さすがに3連休だけあって始発のフェリーは乗船待ちの列が出来ており
わぁ~乗れるかなと思っていたらお連れの方が予約をしてくださっていました。
これから約1時間の船旅です。







2008 10月13日 名古屋の旅  013
このフェリー、2階以上が客室になっているのですが、眺めのいい3階のデッキや客室は別料金。
写真が撮りたい私は、もちろん3階へ。
デッキには椅子も置かれていてゆっくりと風景が楽しめます。

2008 10月13日 名古屋の旅  024
この島は「神島」といい、有名な小説の舞台となった場所です。

2008 10月13日 名古屋の旅  015
海も本当に穏やかで快適な船旅です。
天使の梯子、うっすらとですが見えるでしょうか?

2008 10月13日 名古屋の旅  032
港が見えてきました。
堤防では釣りをしている方が大勢おられました。

続きはまた後日・・・。


スポンサーサイト
旅の写真 | comment 4 | trackback 0 Top ↑

Comment

ロマンを求めての旅行でしたね。写真からワクワク感が伝わってきますよ。v-415

三島由紀夫ファンでしたので大抵の作品は読みました。

「潮騒」は5本映画化されているそうですが、うち3本は見ています。

久保明・青山京子。浜田光夫・吉永小百合。三浦友和・山口百恵です。
モノクロの第一作が強烈な印象でした。
おぼろさん、お一人で行かれたのでしょうかぁ~。
お疲れ様ですv-356
だけどカメラが一緒だと、楽しみの方が多くて疲れもそれほど感じないと言う所でしょうかぁ~(笑)。

この島は三重県なのですね~。
初めて知りました。最近やっと船に慣れた私。
おぼろさんのフォトにも、楽な気持ちで同行出来ました!
地域情報&素敵なフォト、ありがとうございます(礼)。
さすがはどんこさんですね!
神島 で 三島由紀夫の潮騒が出てくるとは驚きです。
その通り、ここは潮騒の舞台となった神島です。
でも船で通過しただけなんですよ~
お連れの方にお教えていただきました。
鳥羽湾からフェリーに乗って本日ご紹介する伊良湖へと渡りました。
どこまでも続く綺麗な海で感激した私です。
いつも一人のことが多い私ですが、今回の旅にはお連れの方がありました~
せっかくの連休なので観光しながら一緒に写真を撮りに行きませんか?とお誘いいただいて、それでは~とご一緒させていただいたわけで~
一人も良いですが、お連れがあるのもいいものです。きれいね~とかすごいね~とかとの私の問いかけに、お返事があるというのも嬉しいものですね。
前日に三重県入りして、朝いちで鳥羽湾から愛知の伊良湖へと渡りました。ここからが今回の旅の始まりなんですよ。よかったら続きも見てくださいね~

Write Comment







  Only to a master?

Trackback

| Main | All |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。