| Main | All |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | | Top ↑
明治村 4丁目 明日も明治村~(笑)
明治村も残すところ後2日・・・
ちょっとしつこい?  (笑)

今日は明治村4丁目、じっくり行きましょう~^^

2008 10月13日 名古屋の旅  231
明治村4丁目35番地 日本赤十字社中央病院病棟 建設年代 明治23年
仕事柄ちょっと気になる建物です。
赤十字は、戦時における戦傷者の看護を目的として作られた国際組織で、ナイチンゲールの献身的な活動が人々に感銘を与えた後、赤十字生みの親、アンリ・デュナンが先頭に立ち働きかけ、赤十字が創設されました。日本では佐野常民が設立した博愛社が後の日本赤十字社となりました。
学生時代、看護の歴史の変遷なるものを学びましたが、その集大成がここにありました。
ナイチンゲールの精神・・・いつまでも忘れずにいたいものです。




 


2008 10月13日 名古屋の旅  237
当時の病室を再現したものだそうですが、なかなか綺麗ですね~

2008 10月13日 名古屋の旅  249
明治村 尾西鉄道蒸気機関車1号 製造年代 明治30年
い~まは山中 今は浜~ 
今は鉄橋わたるぞと~♪♪
今にも動き出しそうな展示機関車です。
機関車の内部も見ることが出来ます。

2008 10月13日 名古屋の旅  258
明治村4丁目46番地 宇治山田郵便局 《重要文化財》建設年代 明治42年

2008 10月13日 名古屋の旅  261
宇治山田郵便局の内部はこんな感じです。
天井から下がっているチューリップの形をしたシャンデリアが印象的です。
明治時代にこんなものがあったんだ~と感動!!
ここは公衆ホールの天井となっており高窓から入る光が明るい室内です。

ここでは10年後の誰かにあてた手紙がかけます。
もちろん自分でも構いません。子供でも愛しい人でもOK。
10年間預かってくれ、10年たった後その方へ配達してくれるそうです。
あなたなら誰に宛てて手紙を書きますか?
私は生きているかな~10年後・・・。とりあえず今回はパス(笑)

2008 10月13日 名古屋の旅 2 002
明治村4丁目50番地 半田東湯 建設年代 明治末年

2008 10月13日 名古屋の旅  262
向かって左側が本郷喜之床
明治村4丁目47番地 建設年代 明治末年頃
当時の床屋さんですね^^

向かって右側が小泉八雲避暑の家
明治村4丁目48番地 建設年代 明治初年
小泉八雲は熊本にも縁が深い方で、熊本市の中心部には その旧居が現存しています。

2008 10月13日 名古屋の旅  263
明治村4丁目49番地 呉服座 《重要文化財》建設年代 明治25年
呉服屋さんではありません。芝居小屋なんでね~
江戸時代以来の伝統建築の名残を留めるこの芝居小屋は、
大衆の遊び場、社交場であると同時に、マスコミの重要な役割も果たしていたようです。


時間がなかったので中まで入って見れなかった場所ばかりです。
本当なら1つずつ中の中まで訪ねてみたかった。
そうすることができていたならもっと深い感動があったに違いありません。
思いを残してきたからこそまた次があるともいえますけどね^^

少し前までどこへも出かけることのなかった私が、カメラかついで遠いところまで旅に出かけてる・・・いつの時でも良い同行者に恵まれ良い旅をしている。
すごいことですね~

さて次回でこの愛知県の旅もおしまいです。ちょっぴり淋しかったりして・・・(T_T)
スポンサーサイト
旅の写真 | comment 0 | trackback 0 Top ↑

Comment

Write Comment







  Only to a master?

Trackback

| Main | All |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。