| Main | All |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | | Top ↑
南阿蘇鉄道その次の駅は
2009 7月12日 048

真ん中辺りにまあるい屋根がわかりますか?
ここが長い駅名で有明になった駅です。
阿蘇は市内に比べてまだまだ涼しいので
紫陽花も綺麗でした。

2009 7月12日 020

南阿蘇水の生まれる里白水高原駅  と言います。
こちらもメルヘンチック名駅舎です。

2009 7月12日 046

で、こちらが南阿蘇鉄道の列車です。
利用客が少ないのか、1両編成です。
トロッコは人気があるのでもう少し長いのですが、本日は出会えませんでした。
この計画性の無さ・・・(^^ゞ
いつも行き当たりばったりなもので。
でも、緑の山間を走るにはお似合いのとても可愛らしい感じの列車です。

さて、今日は日食が見られる日だったのですが
皆様はご覧になりましたか?
私は仕事でした。
合間に患者さんが持ってきてくださった日食グラスで何度か空を見上げましたが
あいにく雲に阻まれてみることができませんでした。
同僚のなかにはうっすらだけど見えた~という方もおりました・・・。

こうなったら仕方が無いので何とかあと26年生き延びて
次の機会に拝ませていただきたいと思っております(笑)


スポンサーサイト

風景写真 | comment 11 | trackback 0 Top ↑

Comment

こんばんは。
ご無沙汰してます。
南阿蘇鉄道いいですね!
僕もよく南阿蘇に行くのですが大抵は車ばかりでまだ乗ったことないんですよねえ・・・、いつも見つめてるばかりで。
たまにはフラっと南阿蘇鉄道で旅してみたいです。
まだ寒い場所ではアジサイも咲いているのですね。
遠くから見ると田んぼの真ん中にぽつりと駅ではないような感じですね。

ところでこの列車、レースバスみたいですね。
新型かしらん?

日食は雨雲が多すぎてむりでした。
今回は無理でしたが、2013年にもう一回今度は金環日食というのがあって関東の真上で見れるそうです^^

次回の皆既日食も富山~茨城にかけてのコースで見れるそうですよ~^^
このコメントは管理人のみ閲覧できます
そこの鉄道は見るだけ(撮るだけ)ですが、とてもロー
カル色があり楽しいですね。阿蘇の風景と溶け込みま
す。N放送局の「鉄旅」でも紹介されました
ーーー白水高原駅へは行ったことがありませんがなかな
かいいですねー今度行ってみます
鉄道と道路を走る「DMV]という乗り物が導入検討されて
いましたが、最近話題に上らないので取りやめかもしれ
ません
夏の阿蘇の雰囲気がひしひしと感じられます。

今は残された時間が少なくなってきましたので
カメラが多いのですが
若い頃はスケッチブックやカンバスを持って
この辺りをうろついたものです。

駅舎などはスマートな建物ではなかった頃の話です。
いつもブログ見せて頂いておりますよ~
にゃんこ、可愛いですね~

南阿蘇にはよく出かけますが、私も車がほとんどです。高森についた後が残念ながらその先へ行く足がありません。どうしても車が便利なので、鉄道はこうして見るだけ~になってしまいます。
南阿蘇鉄道に乗ったのも何十年前のことです。

降りて撮影する時間は無いようですが、立野から、高森まで折り返しで乗っても楽しそうですね。
遠目だとちょっと見には駅に見えないでしょう?
私も初めて行ったのですが、ちょっと迷ってしまいました。田んぼの中にポツン…って感じです。
このときは大学生と思えるグループがいて賑やかでしたが、きっと普段は静かな静かな駅なのでしょうね。

そうそう、ことさんのブログで見ましたが、北海道と同じような列車とバスが一体化したものが、少し前に試験走行してました。
あれはどうなっちゃったのでしょうね~

次の金環食は2012年なのですね~
今度は見れるかな…

そうそう、26年後の皆既日食は北関東上空と言ってました。私も見れるかも^^


わざわざありがとうございます~^^
感謝です。
白川水源に近い駅なのですが、水源地へは車で来る人がほとんどで、県外の観光客は大方が観光バスでやってこられます。
列車を降りてから先の交通手段が無いと思われ~(T_T)
そこが何とかなると列車の乗客も増えるのではないかと思うのですが…
南阿蘇鉄道は雰囲気があってとても素敵な景色と駅舎が楽しめるのも勿体無いなと思います。
「DMV]も本当にどうなったのか…。
ただ余り観光地化されると、良さが半減することも危惧されますしね。難しいところなのでしょう。
どんこさんは、ここがまだ第3セクターに移行する前の姿をご存知なのですね。
スケッチブックとカンバス…とても素敵な光景が浮かんできます。
草いきれと蝉時雨、水の湧く音…
静かで爽やかな初夏の阿蘇の雰囲を「感じていただけてとても嬉しいです。
南阿蘇水の生まれる里白水高原駅ですかぁ・・・
南阿蘇鉄道!!

僕、鉄道ファンとしてどうしても行きたい駅のひとつです。
長い駅名の駅。
駅舎はユニークで駅の周りは自然、本当に愉快ですね。

行ってみたいです!!

Write Comment







  Only to a master?

Trackback

| Main | All |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。