| Main | All |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | | Top ↑
11月になりました
色んなものを秋色に染めて
またこの季節が来る。

君は今何をしている?
少しは私のことを想い出してくれてる?
なんとなく人恋しくて
小さな端末の受信メールばかり
気にしている

2009 10月12日 金峰山 044
早いものでもう11月になりました。
今年は紅葉も見に行けぬままの私です。

風邪も少し快方に向かい楽になったので今日は久々の更新です。
私にしては珍しく鳥の写真から。
先日、金峰山の頂上で見かけた鳥です。
鳥の名前には疎いのでわかりません^_^;
つがいでいたようですね~。邪魔するつもりはなかったのですが
もう一羽は隠れてしまいました。





2009 10月12日 金峰山 027
霞んでしまっていますが
山頂から見た熊本市内の様子です。
真ん中辺りの森のように見えるところが熊本城です・・・たぶん^_^;
天守閣が見えるかなあ~

2009 10月12日 金峰山 028
こちら側は、九州新幹線の工事が急ピッチで行われ
その姿が変わりつつある熊本駅周辺です。

どちらも左右にまっすぐに伸びる新幹線の線路が写っています。
なは、はやぶさなどの寝台列車が消え行き
新幹線が開通したら従来の特急もなくなるのだとか・・・。
時代の流れとはいえ切ないものがありますね。
スポンサーサイト
風景写真 | comment 6 | trackback 0 Top ↑

Comment

私も野鳥撮りたいです。でも、バズーカ持っていないし・・
可愛いですね~。。

九州も変わってしまうのでしょうか。九州行ったことないのですが、新幹線は様子を変えてしまうものだと思います。
時間の短縮は確かに便利だし有り難いもの。
でも、特急の良さも失って欲しくないのですよね。
独特の列車のデザインだったり時間の流れだったり・・・
日本中似たような街並みになっていくのでしょうか?
なんだか飛行機の上から写してる様な写真ですね。
横に一直線に伸びてるのは新幹線でしょうか?
この高架橋で景観も変わってしまいますね。

下の写真で遠くに見えるのは熊本空港かな~
この風景、10年前とは結構変わったんでしょうね。
ビル群も結構増えたのでしょうね~
こんばんは。
この鳥、なんと言う名前なんでしょうね。
くるくると飛び回って、なかなか近くに止まってはくれませんでした。偶然にも一瞬だけ目の前の枝に止まってくれたのでラッキーでしたね~
いつも撮っている1眼の望遠レンズです。
動くものは苦手なのであまり撮らないのですが…^^

反対側は熊本新港や島原が見えます。夕方であれば有明海に沈む夕日も綺麗なのでしょうが、1人で行くには暗くなるとちょっと怖いです。

ここから見える風景もだんだんと変わっていってしまうのでしょうね。
時々ここへ登って、変わり行く街を記録を残しておくのも良いかと思ったりします。

金峰山は比較的街に近くて気軽に登れる山なんでよ。
小中学校の強歩会でも良く登ります。
途中、サルスベリと呼ばれる難所があって私は歩いては登れませんので、ぐる~っと車でひと回りして登ります。
横に延びている線は新幹線の高架橋です。
このせいで、ここから見ると街が分断されたように感じます。
今、熊本の鹿児島本線の踏み切りは、何処も彼処も新幹線の高架と交差するための工事で大変です^_^;

熊本空港は2枚目の写真の奥のほうですね。
3枚目の写真には江津湖が写っています。
でも、こうしてみるとビルばかりのように見えますね。
却って都会の街中の方が緑が多いかもしれません。
あの野鳥さんは「ジョウビタキ」という名前の鳥さんかもしれません。違うかも・・・

変わり行く風景をあれこれ撮っておくと良いかも知れませんね。
だって二度と戻らないものだから。
「ジョウビタキ」名前は聞いた事があります。
調べていただいたのですね~感謝です^^
鳥ってオスのほうが色が綺麗なので、こちらがオスだったのでしょうか?

私が写真を撮るわけは、写真が好きだから。
それと、二度と会えないかもしれない景色や人や命を
しっかりと覚えておきたいから。
そして私が生きて、どんな気持ちでそれらのものを見てきたか…誰かに知っていて欲しいし、残しておきたいから。
写真になど撮らないほうが心に残る…という人もいますが、写真に出会ってから、私は色んなものをしっかり見るようになった。そう思います(^^)

Write Comment







  Only to a master?

Trackback

| Main | All |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。