| Main | All |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | | Top ↑
木曽路はすべて・・・
「木曽路はすべて山の中である。
あるところは岨そばづたいに行く崖の道であり、あるところは数十間の深さに臨む木曽川の岸であり、あるところは山の尾を巡る谷の入り口である。一筋の街道はこの深い森林地帯を貫いていた。」

これは有名な 島崎藤村の「夜明け前」の1節です。

そんな1節に惹かれてGWの最後は妻籠と馬篭宿を訪ねました。

今日は写真も一気に…と思いましたが、なかなか選びがたく、十数枚になってしまったので
2回に分けて書きたいと思います。

2010GW in長野2 174
南木曽駅(なぎそえき)です。
この駅に車を置きました。

ここからバスと徒歩で山を越え、馬篭に向うはずでしたが
足の調子が悪く歩くのがやっとの状態で、山越えなど出きる筈もなく(T_T)

運悪く出たばかりのバスを追ってタクシーで妻籠宿へ向かいました。


2010GW in長野2 176国の重要指定文化財にも登録されている「脇本陣奥谷」

2010GW in長野2 185防塞施設として造られた「枡形」。
敵の侵入を阻むために道を直角に折り曲げて作られました。撮った角度が悪かったですね^_^;

2010GW in長野2 201昔の面影を色濃く残した町並み

2010GW in長野2 192木曽の名産、わっぱ です。
手が掛かるのでよいお値段がします。ちょっと手が出ませんでした。

前にも書きましたが、歩くのがやっとの中で訪ねたので
同行してくれた方の手を借り肩を借りての道行きでした。
面倒がらずにお付き合いくださったことに感謝します。

次回最後は馬篭宿。
こちらはもっと坂道が多くて、というか街道はすべて坂で
もっとご迷惑を掛けてしまった旅となりました。(-_-;)
スポンサーサイト
旅の写真 | | trackback 0 Top ↑

Trackback

| Main | All |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。