| Main | All |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | | Top ↑
消え行くもの
IMG_6247.jpg
長野電鉄 屋代線 屋代駅

戸倉・上山田温泉の出湯に癒されほっこり寛いだ翌日は
長野電鉄屋代線を訪ねました。
ここは しなの鉄道 と同じ駅舎を使っていて、改札を抜けてすぐしなの鉄道のホーム
そして古くて落っこちそうな跨線橋を渡ると長野鉄道屋代線のホームがあります。

ブロ友さんの所で知ったのですが屋代線には木造で趣のある駅舎が多いのですね。
ここ屋代駅は共同の駅のせいか近代的な感じの駅です。

残念なことに屋代線は来年3月廃線となるそうで、今回見てきた風景も来年になればもう二度と見ることができなくなります。
良いものからどんどん消えていってしまう気がしてなりません。





IMG_6259.jpg
渡っていて気がつきました。
この跨線橋、しなの鉄道のホームに下りるところまでは新しいのです。
途中から落っこちそうに古くなってます。

IMG_6293.jpg
ホームへと続く階段

IMG_6262.jpg
待合室入り口。
電車は1時間に1本。
電車が来ない時間帯もあります。

IMG_6264.jpg
このホームに佇んで、どれだけの夢が運ばれていったのでしょう

IMG_6268.jpg
屋代線の終点。
行き先は車庫です。

IMG_6289.jpg
乗車はできませんでしたが、中をちょっとだけ撮らせて頂きました。
エアコンはありません。
窓全開。エコですね~^^
きっといい風が入ってくるんだろうなぁ~

IMG_6283.jpg
屋代駅に入ってきた電車

IMG_6297.jpg
折り返し行き先の表示を変えて須坂へ戻っていきます。


長野は高地なので涼しいかと思いきや盆地なので暑いんですね~
初日はものすごいゲリラ豪雨にあって目的地に着けるかと心配しました。
旅にハプニングはつき物ですね。
だからこそ楽しいのかも~

長野のプチ旅。
次回まであとちょっと書いておしまいです。

夏も終わって秋だと言うのにどうしましょう。
まだ書ききれていない夏の思い出がいっぱいです(汗)

朝晩、随分と冷えるようになりました。
皆様風邪など引かれませんように。


スポンサーサイト
旅の写真 | comment 4 | trackback 0 Top ↑

Comment

木造の跨線橋は全国でも珍しくなってしまいましたね・・・
ローカル私鉄線も経営は苦しいのでしょうね。
Co2排出規制を言う割りに政府は逆の行動ばかり。

不要不急の車の運行を制限すれば鉄道や船、航空機の利用者も増えると思うのですが・・・
行った事無いのに何だか懐かしい気持ちが湧き上がるんですけど・・・
木造の駅舎って絶対的に脳裏のどこかにひっそりと記憶に残っているんだと思うのですよ。
そうそう、こういう階段上ったなぁ。。
子供の頃の北海道なのか東北なのか・・・どっちにしろ田舎の話ですね^^

そっか、長野も盆地の所があったのですね。
いいなぁ~、でも長野も変わっていっちゃうのかなぁ。
学生に長野出身者が居るから、ちょっと聞いてみようかしら。
ローカル線でのんびりと~なんて旅行はそのうち夢になってしまうかもしれませんね。
つい先日、青森でもどこだったか廃止が決まったとニュースが伝えていました。
大勢の人の夢や希望や悲しみや喜びを乗せて走り続けてきたローカル線たち。
こんなにいいものないですよね。
私が子供のころは、建物、そう学校や病院なども木造のものが多かったですね。
木造の建物って、駅ももちろんのことながらなぜかとても懐かしく思えてくるんですね~
木のぬくもりとか階段のきしむ音とか。
そうそう、第一住まいが木造でしたから(笑)
木って呼吸するじゃないですか。
建物にもなにか生命力みたいなものを感じるんですよね。

駅に入るときもスイカでスイスイじゃなくて人の手から硬い切符を買ってはさみをパチンって入れてもらうと、旅気分も上々になるのですが…。
北海道に東北~憧れますね~^^

Write Comment







  Only to a master?

Trackback

| Main | All |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。