| Main | All |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | | Top ↑
忘れられない思い出の写真たち 6月の5 秩父鉄道
SLパレオエクスプレスに乗ろう
IMG_9623.jpgSLを追っかけて三峰口に到着です。


時間調整をして上りのSLにいよいよ初乗車です。


IMG_9581.jpg

IMG_9582.jpg

IMG_9587.jpg

IMG_9593.jpg

ここに来てもまだSLは調子が悪いらしくなかなか出発しません。
無事に乗車できるのかとちょっと心配しながら駅撮りを少し。
駅前のお店で豚丼を食べる予定でしたが、出発時間が読めないので
駅弁を購入。SLの中で食べることになりました。

この後の予定の時間も随分押していてどうなることやら。


私はこういう駅に立つといつも思い出す歌があります。
中島みゆきさんの「ホームにて」と言う歌です。


ちょっと歌詞を書きます。

       中島みゆき 「ホームにて」

   故郷へ向かう最終に乗れる人は急ぎなさいと
   優しい優しい声の駅長が街なかに叫ぶ
   振り向けば空色の汽車は
   今ドアが閉まりかけて
   灯り点る窓の中では帰りびとが笑う

   走り出せば間に合うだろう
   飾り荷物を振り捨てて
   街に街に挨拶を…振り向けばドアは閉まる


   振り向けば空色の汽車は
   今ドアが閉まりかけて
   灯り点る窓の中では帰り人が笑う
   故郷は走り続けたホームの果て
   叩き続けた窓ガラスの果て
   そして掌に残るのは
   白い煙と乗車券

   涙の数 溜息の数
   溜まっていく空色の切符
   ネオンライトでは燃やせない
   故郷行きの乗車券


   黄昏には彷徨う街に
   心は今夜もホームに佇んでいる
   ネオンライトでは燃やせない
   故郷行きの乗車券


長々と全部書いてしまいました。
今はスマホでもパソコンでもYOUTUB○などで簡単に聴くことが出来ますので
もし良かったら一度聞いていただけたら嬉しいです。

こういう駅のホームでベンチに腰掛けてこの歌を口ずさむと
なんともセンチメンタルな気持ちになって涙がポロンと零れたりします。

明日は停車中のパレオエクスプレスなどをアップする予定です。
急がないと年越しになってしまいます。
SLはゆっくりですからね~(笑)
スポンサーサイト
旅の写真 | comment 2 | trackback 0 Top ↑

Comment

oboroさん、もしかして’中島みゆき’がお好きですか?
私、何度かライブや「夜会」観に行きました。

「ホームにて」は自分でギターで弾き語りが出来る曲の1つで、自分で歌いながら涙が出てしまう曲です。
北海道の方達は電車ではなく’汽車’と今でも言うとコメントで言っていました。
oboroさんも’汽車’っておっしゃっていましたね。

この詩にあるような風景。今ではもう見られないような気がします。
でも、この詩の風景がクッキリ目に浮かぶ。
幸せだと思っています。
もしかして中島みゆきさん大好きです。
そして「ホームにて」はその昔ギターで弾き語りをやっておりました^^8169
数少ないレパートリーの1つで、この曲はコード進行が比較的覚えやすかったように思います。
ご存知でしょうか?オールナイトニッポンを聞きながら勉強した世代です(笑)

中島みゆきさんはデビュー時代から好きで、当時はLPなどといっていましたがれレコードも集めていました。
今はプレイヤーを手放してしまったので聞くことも出来ませんが、レコードにはCDにはない味わいがあった気がします。

電車というとどうしてもステンレスの今風の車両が浮かびます。
こういう駅にはやっぱり汽車と呼ぶのが似合いますね。

ローカル線の誰もいないような駅に立つと、必ずこの詩の光景が浮かんできます。
それを良しと懐かしいと思える時代に生きてこられたこと、私も幸せに思いますよ。

Write Comment







  Only to a master?

Trackback

| Main | All |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。