| Main | All |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | | Top ↑
忘れられない思い出の写真たち 6月の9 信越本線
碓氷峠鉄道文化むら
IMG_9709.jpg
車両が展示されている場所はこんなに広々とした気持ちのいい場所です。
階段がつけてあって中に入れる車両もあります。

IMG_9723.jpg
村内を一周する電車が有ありましたので、乗ってみる事にしました。
色々な景色が見えて楽しめましたよ!!

IMG_9726.jpg
ちょっと窓から乗り出して一枚
ほんとはいけないんですけどね~^_^;
レンガのアーチのところが入り口にあたります。

IMG_9728.jpg
入り口を入ってすぐのところはこういう風になっています。
小さな子供たちが楽しめるような遊具もあります。
ここに通えば未来の鉄ちゃん、鉄子ちゃんが育つことでしょう(笑)

IMG_9731.jpg
途中にはちゃんと信号機も^^


世の中はスピードの時代で速いことがもてはやされる傾向にありますが
各駅停車の列車が持つ意味が、SLが果たす役割が
そして鉄道が人の心にとってどんなに大切なのかを
しっかりと受け継いでいって貰えたらと心から願います。

今回の鉄旅のラストは、最後の目的地「碓氷峠第三橋梁」をアップする予定です。
あしたの朝はこの冬一番の寒さだそうです。
皆様風邪など引かれませんように…。
感染性胃腸炎も大流行中ですので、お出かけの後は手洗いうがいを忘れずに!!
それではまた明日~





スポンサーサイト

旅の写真 | comment 4 | trackback 0 Top ↑

Comment

初めまして、人気サイトランキングです。
サイトランキングを始めました。
ランキングに、登録して頂きたくメールさせて頂きました。
SEO対策にも力を入れています。
一緒に発展していけれるように頑張りたいと思いますので宜しくお願いします。
http://34vv.net/eme/
折角のお誘いなのですが、ランキング等に登録する予定はありません。
申し訳ありません。運営サイト、ご発展なさいますように。
おぼろさん~こんばんは
このたび鉄旅を読ませていただき素敵なフォトを魅せて頂き懐かしく
昔の自分に戻った気がしました。おぼろさんの鉄旅の思いや情熱を
ひしひしと感じさせられました。私のSLの思いを書いてみます。
発祥地はなんでもイギリスで200年前だそうです。私は今でもあの汽笛の音を思い出します。人間の声に似てボートという音が激しかったり優しかったり、夜など哀愁帯びて胸にしんしんと響いてきました。蒸気の音も心地よく感じました。乗車したとき子供のころカーブに差し掛かると窓から首をだしSLを観るのが唯一の楽しみでした。動輪を観てはCだろうかD51,だろうか、たしか動輪が3であればC,4であればD5!
等子供ごころに関心があったのでしょうか・・・人生は旅ですが私の人生もSLと共に歩んだ気がします。電化してすべてがスピード化して
めまぐるしい現代にはついていけない気がします。ゆるやかに時間が情緒的にゆっくり流れる過去が懐かしく感じます。このたびのSL,鉄旅ブログを拝見して様々な思いを馳せる事が出来まして心から嬉しく
感謝いたします。有難うございます。SLよ永遠なれ・・・・


私の鉄道への思いを受け取って頂いたこと、嬉しく思います。
私は鉄道が大好きなのですが、いま流行りの鉄子さんとはちょっと異なると思います。
なぜかと言えば、クハ?キハ?などの車両のついても知識などありませんし、色が如何とかの知識もありません。
ただただ鉄道が好きなだけなんですね~
なぜ好きかと言われると、そこに人生を感じるから…なんてちょっとかっこつけすぎですね(^^ゞ
子供の頃から列車と言えば別れの場面が多くて、例えば親と別れて祖父母の元へ行くときだったり、土日のたびに週末を過ごすため遠く離れた親戚の家に何度も乗り換えて出掛けるときだったりと、わりと乗りたくて乗ったと言う記憶がないのです。
だからでしょうか?列車を見るとそこに乗っている人の気持ちをすぐ思ってしまうのですね。楽しいのだろうか辛いのだろうかと。
列車が色々な人を運ぶと共にその思いも乗せて走る、人生も乗せて走る。だから好きなんですね。
サンタナさんの思い出、とてもほほえましく読ませていただきました。
耳に残るのは同じく汽笛の音。悲しいような切ないような。
人生は旅…私もそう思います。
私のこれからの人生も緩やかで穏やかものであれば良いなと思います。
サンタナさんのこれからも幸せがいっぱいでありますように…。

Write Comment







  Only to a master?

Trackback

| Main | All |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。