| Main | All |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | | Top ↑
グレートジャーニー 人類の旅
IMG_0865.gif少し前になりますが、上野の国立科学博物館で開催されていた特別展に行ってきました。

「グレートジャーニー 人類の旅」

アフリカに生まれた人類が、どのようにして世界へ広がって行ったか…。
その旅路を「グレートジャーニー」と名付け、その足跡をたどった記録です。
厳しい環境の中で人はどのように暮らしどのように生きてきたか。
6万年前に始まった人類の果てしない旅、その旅路を辿るのがこの展示会です。

入り口で迎えてくれたのは沢山の笑顔の写真でした。
笑顔っていいなぁ~


IMG_0866.gifアフリカで生まれた人類の祖先が世界へと拡散していった軌跡

IMG_0882.gif海を渡り山を越え熱帯雨林や極寒の地を
人類はどう生き延びて来たのでしょうか…。

IMG_0821-1.gif今と何ら変わらない家族の姿
むしろ今よりその絆はずっと強かったかもしれない

IMG_0902.gifこの子はまっすぐな目で何を見ているのかな…。
この子の命も大事な命…。

こういった展示会にはしては珍しく特別な展示を除いて撮影OKでしたが
一所懸命見ていたので写真はあまりありません。

ただ一つ思ったこと。
人は1人では生きていけないということ。
地球の命や何万年前も前からの人類の営みを考えるとき
自分の人生の短さや毎日の出来事なんて取るに足らないことに思えてきます。

けれど、人はいつでも色んな困難に負けず一生懸命生きてきたのです。
そして自分もそうしなければならないという事。
生きているという事に感謝して命のつながりにありがとうと思う事。
今ここに自分がいてこの私の毎日も旅であるという事。
命あるものは鳥も魚もすべてのものが素晴らしいという事。

あんまり真剣に見すぎて、会場を出たところで思わず出た言葉が
「ふぅ~、疲れた~」
なんか情けないですね(汗)

でも行ってみて良かった。
たまには自分を、生きてることを振り返らせてくれるこんな場所を
訪ねてみるのも大切なことだと思いました。
上野公園も初訪問でした。
動物園はまた今度…(笑)

さて、次はどこを書こうかな~

追伸
昨日、久しぶりに大型のホームセンターへ行ったので
お花や苗を売っているコーナーで初めてパッションフルーツの苗を買いました。
帰ってから少し大きめの鉢に移し替え、大丈夫かなと一日何度も観察しています。
上手く育ってくれたらいいなぁ~
ちなみに花は時計草にそっくりなんですよ~
咲いたらまた見てくださいね。


ご訪問ありがとうございます
ランキングに参加しています
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ



スポンサーサイト
ノンジャンル | comment 8 | trackback 0 Top ↑

Comment

こんばんは!
私たちの先祖であるホモ・サピエンスはアフリカから世界に広がったということを知ったのは そんな昔ではなかった木がします。
アフリカに起原があったということは 意外でした。

「グレートジャーニー 人類の旅」の展示会のことは知らなかったのですが、おぼろさんの感想に共鳴しながら拝読しました。
私も生きていること、生かされていることを 時には思い出して 感謝して 大切にしなけらばと思いました。
ありがとうございました。
おぼろさん~こんばんは
人間について考えさせられました。人間の細胞の数は60兆個でなりたっています。今はこうして生きている先祖を考えると数えきれないぐらいの数になりますね。おぼろさんの人生観に共感して読ませていただきました。
人は一人では生きていけない誰かに支えられながら皆のお蔭で生きているのですね。あたりまえの事ですがすぐに忘れがちになる愚かな私です。私の座右の銘「一期一会」ですがおぼろさんとブログを通じて出会えたことは幸せに思っています。有難うございます。
「グレートジャーニー 人類の旅」
この展示会は、想像していたよりもずっと奥が深いものでした。
自分のルーツは両親や祖父母だと思っていたけれど
その昔昔から、私と言う人間は始まっていたのですよ。
びっくりですよね!!
 
人生80年だのなんだのって言いますが、人類の歴史に比べれば
刹那のごとき時間です。
でもその中で、一所懸命もがいて悩んで苦しんで笑って泣いて生きていくんです。
ほんの一瞬のジ時間に触れ合ったご縁、地球上の何十億と言う人の中から偶然出会ってこうして言葉を交わすことは、本当にすごいことなんだなって改めて思いました。
生駒の風さん、偶然とはいえこの場所に来てくださって嬉しいです。
心から感謝です。
人間についてとか、おぼろげに思うことはありますが
面と向かって、あなたの人生の始まりってどこ?
って聞かれるとわかりません。
でも、私は誰かの命をずっと昔から繋いで繋いで今を生きているのだと
そう思うと、人生侮れないぞって思います。
適当になんて生きたら、私の細胞のどこかが怒り出しそうですよ。

ブログだってそうですよね。
数えきれないほどたくさんのブログがあるのに
なぜサンタナさんはここに気付いて下さったのか。
そして私はサンタナさんのコメントがこんなにも嬉しいのか。
ご縁ですよね。
もしかして私とサンタナさんの細胞は、太古を辿れば
どこかできっと繋がっていたのかもしれないですね。

そしてサンタナさんと奥様も、今はちょっと離れているだけで
きっとまた出会えるんだと思えてなりません。
少し疲れたと感じくらい集中してしまう、
そんな機会はなかなか無いモノです。
良い気分転換になったのではないでしょうか。^^

パッションフルーツですか。
立派に育った写真、楽しみに待ってますね。
ポチしていきます。^^
こうして拝見すると
人類の祖先は同じところに行き着くようですが、幾星霜を重ねると
どうして国籍や宗教、主義主張などで相手を殺戮したり迫害したりけなし合ったり
醜い抗争を続けてしまうのでしょうか。

ユリカモメのつぶらな瞳は何か人間の業を淋しく見つめているような気がします。
もちろん、動物や鳥類も生きていくためには最低限の命のやりとしはしますが
人間のように大量殺戮の兵器などは造り出しはしませんよね。
こんばんは。
おっしゃる通り、何かに疲れるくらい集中する事って
日常の中では少なくなりましたね。
写真はほとんど撮っていないの心地よい疲れと充足感
とても良い時間を過ごすことが出来ました。

パッションフルーツは蕾だと思わるrものが少しづつ大きくなってきたようです。
花は午前中に咲き、午後には萎むそうなので注意していないと
うかうかお出かけなんぞしていたら見逃しまいます。
食べられるほどに成長するかどうかもわかりませんが
毎日楽しみですよ~
この辺は虫が少ないので、花が咲いたら受粉作業が待っています^^
本当に私もそう思います。
同じところから出発して世界中に旅立った祖先が
今の現状を見たら悲しむでしょうね。

自分の思うとおりにならなくて当たり前で、それは私たちは
自力で生きているのではなく、大きな力によって生かされているから。
良いことも悪いことも、悲しいことも嬉しいことも
起こりうるすべてのことは、どこかで辻褄が合うようにできている。

禍福は糾える縄のごとしと昔の人が言いました。
良い時にあっても苦しい時にあっても結局は巡り巡って移り変わっていくのですよね。
欲張りすぎた人間たちは、鳥や動物たちに「いったい何をやってんだよ」と笑われているかもしれません。

Write Comment







  Only to a master?

Trackback

| Main | All |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。