| Main | All |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | | Top ↑
たなばた
IMG_3295.gif今日は七夕。

皆さんはどんな願い事をなさいますか?

織姫と彦星が無事に逢えますように…。


子供たちのスナップより
IMG_3254.gif仲良しこよし
いつまでも仲良くね

IMG_3290.gif

IMG_3273.gif

IMG_3262.gif

IMG_3293.gif

IMG_3303.gif
これ子供のスナップ?
いえ、これは私が食べていた かき氷 (笑)
だって我慢できないくらい暑かったんですよ~(汗)


七夕祭りは大賑わい。
早起きしていく予定が寝坊してしまってお昼着。
駅も大混雑で大変な人出でした。
平塚駅の発着メロディーも「たなばた」平塚っていつもそうだったっけ?
降りた途端、  

   笹の葉 さ~らさら 軒端に揺れる
     
     お星さま き~らきら 金銀 砂子    と流れていました。

七夕の謂れは諸説あって、今私が思うほどロマンチックなものではなかったようです。
でも織姫と彦星が1年間逢いたくて逢いたくて願って願ってやっと会える日。
神様の粋な計らいで、ついでにみんなの願いもかなえてあげようか…となったと思いたい。

あなたの願いは何ですか?
みんなの願いが無事に届いて叶いますように~


ご訪問ありがとうございます
ランキングに参加しています
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ


追伸
次回まで 七夕写真を見て頂いて
マクロの続きはその後で…予定変更ばっかりの私です。
スポンサーサイト
風景写真 | comment 6 | trackback 0 Top ↑

Comment

平塚の七夕って毎年「あっ!」と思った時には遅い・・・!
仙台七夕は8月で仙台は子供の頃から見て来たので、こちらの七夕が7月というのがピンと未だに来ませんねぇ。。

行かれたのですね。凄い人だったでしょう!
人の暑さは仙台も同じ。

近いのだから行けばいいのに、未だに行けずこうしてよそ様のブログで行った気持ちになるのです^^

お願い事は何ですか?
短冊に託した事が大人になってから無いです、気付けば・・・
寂しい大人になったものだ^^!
電車を降りた瞬間から今日はすごい人でした。
早起きして7時半には現地について12時には帰ろうと思っていたのに、寝坊して到着が12時前、帰ったのが3時過ぎ・・・
一番暑い時間帯をウロウロしていました。
仙台の七夕、すごいのでしょうね。
一度は足を延ばしてみたいと思います。
一昨年行ったときは、どの七夕飾りもガンバレ日本、復興、助け合いのオンパレードでしたが、今年はあまり見かけませんでしたね。
時間の流れとはこういうものなのでしょう。

願い事ですか?
えへっ、聞きます?(笑)
今は病気が少しでも回復して元気になれる事。
そして一日一度でいいから幸せだなと思える事。

会場の短冊に書かれていた願いは意外にも
家族が健康でありますように・・・
世界が平和でありますように・・・
いっぱい勉強して人の役に立てるようになりたい・・・
など、人を思いやる願いが多かったです。
人間まだまだ捨てたものではないな~なんて思いました。

梅雨が明けて急に暑くなりました。
あまり無理しないでぼちぼち行きましょうね~
軒並みに大きな七夕竹を立て
飾り付けるのが習わしでした。
朝早く起きて、里芋の葉に溜まった露を取りにいき
それで墨をすっていました。
祖父がシュロの葉を割いて。短冊の紐を作っていました。
今は見渡しても家々には七夕飾りを見ることが出来ません。

数年前、肺がんで余命幾ばくもないと言われた姉のために
チョロ2たちと七夕を飾ってやり、喜んでもらいました。
半月後に姉は浄土へ旅立ちました。
七夕・・・。
楽しみであり、どことなく悲しくもある行事ですね。
二つの星は年に一度の逢瀬の後にはまた一年間の別れが待っています。子供の頃、亡くなった人は皆星になると聞いて、星の綺麗な夜には父や母の星を探したものです。
星に願いを・・・星は願い事をかなえてくれそうな不思議な力を持っているように思います。
私が子供の頃は短冊に願い事を書いて七夕飾りを作っていました。里芋の露で墨をすり文字を書くと習字がうまくなると聞いたことがあります。シュロの葉から短冊の紐を作るのは初めて聞きましたが、先人の知恵なのでしょうね。
七夕の行事・・・難しいこともあるのでしょうが、子供たちにはぜひ残してあげたい風習です。

お姉さまもきっと空の上からどんこさんやチョロ2くんたちをニコニコと笑いながら見守っておられますね、きっと。
どれもいいですね〜
女の子の横顔、真剣で…
横に並んだ後姿がいいです。二つも帯してたり、布の質もカラーもオシャレなのね〜スゴくかわいい〜 そういう繊細なやさしい目線が全ての写真に感じます。
肩車、その上の吹き流し、折り鶴、カラフルさもいいですね。
仙台より鮮明な色合いに思えます。最も仙台の七夕をズ〜ッと見てませんが。


1枚目女の子は短冊に書いた願い事を一所懸命笹に結んでいました。
汗びっしょりになって頑張っている姿がとてもいじらしくて、つい目が行ってしまいました。
今時の浴衣っておしゃれですね~
この並んだ子供たちはきっと仲良しなのでしょう。
一緒にお祭りに行ったことなど、いつまでも思い出として残ってこの子供さんたちを支えてくれるのだと思います。
仙台の七夕は8月だとか。
一度行って見たいですね。
牛タンも食べてみたい(笑)

Write Comment







  Only to a master?

Trackback

| Main | All |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。