| Main | All |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | | Top ↑
睡蓮の池と亀の子神社
IMG_2300.gif家の近所の本牧三渓園の裏手には、睡蓮が咲く広い池があります。
三溪園に出かけたついでに立ち寄ってみるとちょうど見頃でした。
この池の睡蓮は全部真っ白です。
睡蓮にはいろんな色がありますが、ここでは白だけした咲きません。
蓮の花と似ていますが、蓮の花は水面からすうっと立ち上がるように咲き、睡蓮は水面に浮くように咲きます。



IMG_2303.gif

IMG_2296.gif睡蓮の葉は光沢があってとても綺麗…。

IMG_2305.gif広いでしょう?
全部睡蓮です。

IMG_2189.gifところで、この神社は桜道を抜けて三溪園に行く途中にある少し珍しい神社です。
百日もの間、ひどい咳が止まらないことから名前がついた「百日咳」と言う病気があります。
予防接種もなく今みたいに薬もない時代、命を落とす子供さんも多かったのです。
母親たちは、それこそ亀の子神社の神様にすがる思いでここへ来たのでしょう。

IMG_2189-1.gif


IMG_2190.gif
たわしが置かれている石、何となく亀に見えます。
今もこうしてたわしが供えられているのですよ~
いつの時代も子供を思う親の気持ちは変わらないのだと思います。
子供が元気で育つことを願わない親はいませんよね。



ご訪問ありがとうございます
ランキングに参加しています
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

スポンサーサイト
花写真 | comment 4 | trackback 0 Top ↑

Comment

人の願いを託すものが秘められているようですね。
猫を祀る神社や祠も全国にいっぱいありますが
きっと亀の子神社の類も多いのかも知れませんね。
たわしとは考えましたね。思わずにっこりです。

すごい蓮の花ですね。
蓮と言えば鹿央物産館の蓮池の
大賀蓮も今が見頃だとニュースで流れていました。
昔の人は何かあると色んなものを神仏にたとえて
願掛けをしたようですね。
薬も何もなかった時代、子供さんが病気した時の親御さんの気持ちを
考えると胸が痛くなります。
熊本の太甲橋のたもとに「日切のお地蔵さん」が祀られています。
小さかった私は誰かに連れられて願掛けをした覚えがあります。
亀の子たわしって今でも台所やお掃除の時に使いますが、
こういう使い方もあったとはびっくりでした。

鹿央の大賀蓮は随分前に撮りに行ったことがあります。
朝早く行くと花が開くときの「ポン」と言う音を聞くことが出来ると聞いて
頑張って行ったのですが、とうとう聞くことはできませんでした。
13日から同じ三溪園で早朝6時より観蓮会が開催されます。
今年はぜひ行ってみようと思います。
スゴい!
いっぱい睡蓮ですね〜
見事で驚きましたあ〜〜

親の一番の願いはいつの世も同じですね。
こんにちは~
毎日暑い日が続きますね。
お身体は大丈夫ですか?

あちらではtrainですがこちらではおぼろなんです^^
ややこしいですね(^-^;

この睡蓮の池すごいでしょう?
全部真っ白い睡蓮で思わずおぉ~と声がでました(笑)
蓮に先駆けて咲く睡蓮・・・。

夏になるよ~と教えてくれました。

Write Comment







  Only to a master?

Trackback

| Main | All |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。