| Main | All |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | | Top ↑
小さき花たち
IMG_2235.gif名前は不確かですが木瓜草(きゅうりぐさ)かと思われます。

マクロレンズの楽しさは
大きな花の一部分を切り取って普段見えない世界を見るというのと
小さな小さな花をちょっと大きく見るとうのがあります。

この花もとても小さくて地面にひざまづいて撮りました。

IMG_2238.gif庭石菖(にわぜきしょう) 

IMG_2242.gifおおいぬのふぐり

IMG_2252.gif
しろつめぐさ 

IMG_2267.gifこばんそう

IMG_2290-3.gif庭石菖(にわぜきしょう)だと思うのですが…。←大庭石菖(おおにわぜきしょう)だそうです。ブロ友さんより教えて頂きました。

現代人はみんな忙しくて道行くときも急ぎ足。
時にはこんな小さな花にも心を傾ける余裕が欲しいなぁと思う私です。
それにしても野の花は名前が難しい…(・・;)


ご訪問ありがとうございます
ランキングに参加しています
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ



スポンサーサイト
花写真 | comment 8 | trackback 0 Top ↑

Comment

おぼろちゃん、、おはよう♪

キュウリグサ、、可愛いですよね~~♪
私も大好き!!
一番最後のはね、、オオニワゼキショウです。
ニワゼキショウより背が高いのね・・・
でもお花は平らに開かなくてちょっと小さく感じます。
お色も、この水色だけです。
ニワゼキショウ、、オオニワゼキショウ、、どちらも大好き!!
野の花は、、本当に小さくても健気で可愛らしくて、みんないいですね(*^m^*)

こんにちは~
1枚目、きゅうりぐさで正解だったのですね~
よかった!
可愛い花なのに名前がはっきりしなくて…野草だって自分固有の名前があるんだから
ちゃんとした名前を知りたいと思って。
ニワゼキショウとオオニワゼキショウ見分けがつきませんでした。
花だけ見るとよく似ている感じはするのですが
咲いている感じが違うtと感じたの開き方の違いだったのですね。

こばんそうも初めは何かの「さなぎ?」と思いましたよ~

低い場所に咲く小さな野の花。
足が悪い私には苦戦することが多いのですが
それでも撮りたい花たちです。

教えて下さってありがとうございました(*^-^*)
おぼろさん~こんにちは
どの花も可憐で可愛いと思います。マクロレンズで」撮った写真の素晴らしさを再認識しました。ありがとう。喧噪な時間のながれともすれば観過ごしがちな草花、ちゃんと存在価値がありますね。神様が平等にこの世に与えた贈り物大切に観察して行かなければと反省させられました。
こんにちは~
いつもコメントありがとうございます。
コメントを読ませていただいていると、自分で気づかなかったことに
気づかせていただいたり教えて頂いたりします。
こんな小さな花たちですが、なぜか心惹かれるものがあります。
通り過ぎようとすると、足元から「ここにいるよ」と声が聞こえてきそうな気がします。
花の存在でも人の優しさでも、小さくて気づかないことの方が大切な時もありますね、きっと。
草むらに咲いている小さなお花が大好きです。
おおいぬのふぐりには泣けちゃいます。あんなに小さいのに完璧に作られていて、それにかわいくって、神様はすごいなあと思います。
おぼろさんのやさしい視線にありがとう。
こんにちは。
暑いには暑いのですが、一頃のような暑さは一段落。
今夜あたり雨になるそうですがgoodtiming、雨が欲しいところでした。

野の花は本当に気を付けていないとつい見逃してしまいますね。
どれも小さいです。
その小ささは、目立たぬようと自分を守る手段なのかも…なんて思います。
この小さな花が咲くには、もっともっと小さな種があっ、ていつ落ちたとも知れず繰り返す命。
これはもう鴨様のなさることだと思います。

いつもコメントありがとうございます。
見て頂いてるという思いが、暑くてもまた少しでもいい写真を撮ろうと思う気持ちにつながっています。

5枚目の植物、こばんそうって言うんですね。
少し前に、実家の近くで、「これ何だろう?」って思いながら、
写真を撮ったのですが、結局、アップしなかったんです。(^^;)

おぼろさんにまたひとつ教えて貰いました。ありがとう。^^
ポチしていきます。
こんばんは。
そうなんです。
割とメジャーだそうですが私はこの時初めて見ました。
最初は ん?何かの蛹かしら?と思って撮るのをためらったのですが
触ってみたら麦の穂みたいな感触で虫じゃやないな…と。
帰ってからネットで調べました。
イネ科の植物だそうで小判に似ているところから「こばんそう」の名前がついたのだそうです。
知らない事ばかりです、
カメラを持たなければきっと知らないままで終わった花の一つかもしれません。
機会があったらまた見せて下さいね。

応援ありがとうございます<m(__)m>

Write Comment







  Only to a master?

Trackback

| Main | All |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。