| Main | All |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | | Top ↑
2013長野 高原の花 美ヶ原高原編
今日は、美ヶ原高原で見かけた高原の花たちをご紹介します。
ピンボケあり、終りかけの花ありですが、ご容赦くださいね^^
花言葉は謂れがある場合もありますが、人が雰囲気などから勝手につけたものもあります。
添え書き程度に書きましたが、これが全てではありません。

花の名前も一生懸命調べましたが難しいものもありました。
間違い等ありましたら、訂正いたしますのでお教え下さいませ。

※二か所、花の名前を訂正いたしました。
 よろしくお願いいたします。


IMG_5004-5.gif

1番バッターは
ハクサンフウロ(白山風露)   花言葉 「変わらぬ信頼」

高原のあちらこちらにたくさん咲いていました。
ピンクのカタバミと似ているので間違えそうになりましたが^^
小さいけれど、とても可愛らしい花です。
ピンクの色が結構目に止まります。




IMG_5061.gif
続きましては
ギボウシ(擬宝珠)かな?  花言葉 「心の落ち着き」「冷静沈着」

これ、名前にちょっと自信がありません。
ご存知の方がおられましたら教えて頂きたいです。
花としてはもう終わりかけていて、これ一輪だけしか見かけませんでした。

IMG_5078.gif
アキノキリンソウ(秋の麒麟草) かな?  花言葉 「強い心」

アップで撮っていなかったので細かい所が…。
パソコンに落として拡大したら、多分これかしら…と言う感じです。
違っていたら、これまたごめんなさい。
黄色が初秋の草原によく似合います。

IMG_5028.gif
マルバダケブキ(丸葉岳蕗)   花言葉 「僅かな愛」

蕾が開いたばかりの頃は、少しマンサクに似てるかも…
開き切るまで、葉っぱの先がクルンとカールしています。

IMG_4957.gif
キバナイカリソウ(黄花碇草)  花言葉 「人生の出発」
この花「はイカリソウ」でした。訂正させていただきますね~
ちなみにハナイカリの花言葉は 希望^^

初めて見た花です。これぞ高山植物?
花が船の碇のようでもあるし、お星さまのようにも見えます。

IMG_5005.gif
ウメバチソウ   花言葉 「いじらしさ」

花言葉通り、真っ白で可憐でいじらしい花です。
色とりどりの花の中で、白い花は一際可憐さを感じます。

IMG_4976.gif
ノコギリソウ(鋸草)かな?  花言葉 「真心を持って」

これも、アップで撮って無かったので悩みました。
雰囲気的にはそうだと思ったのですが…
小さな白い花がいっぱい集まって一つの花みたいですね!!

IMG_4856.gif
ヤマハハコ(山母子)  花言葉 「純情」

白い部分は、実は葉が変化したもので、中心の黄色い所が花だそうです。
まだ見たことはありませんが、母子草に似ているからヤマハハコと言われるのだとか…。

IMG_4921.gif
ワレモコウ(吾亦紅)  花言葉 「変化・感謝」

これはちょっと自信があります(笑)
平地でも見かけたことがあって、そんな題名の唄もありましたね。
ツンツンと咲くのが面白いです^^

IMG_4876.gif
シュロソウ (棕櫚草)かな?   花言葉 「静かな人」

これも名前に自信がない花の1つです。
名前があっているならば、この花ちょっとアルカロイド系の毒性があって
殺虫剤などに使われるのだとか。蜜を吸ってはいけません。
実際はもっと濃い色だったと思います。
ピンボケもいいところで、シュロソウならば、花がもっとまばらかな…とも思うのですが。
ごめんなさい。

IMG_4854.gif
オダマキ( 苧環)かな?  花言葉 「勝利の誓い」
この花は「ヤマオダマキ」でした。こちらも訂正です
ちなみにヤマオダマキの花言葉は「遠くから見守っています」

う~ん~これも…。
これまだ蕾なのかな~
これ一枚しかないので、沢山は咲いていなかったのでしょうね~(^^;
下向きに咲くところが奥ゆかしい^^

IMG_4873.gif
マツムシソウ(松虫草)   花言葉 「不運な愛情」

他に2枚、蕾を撮っているのですが、ピンボケがひどくて。
マクロで撮ったこの一枚だけ。
花びらのフリルがドレスみたいですね~
珍しくブルーが鮮やかでした。


さて、恥ずかしながら、殆どの花の名前の後に かな?が付きました。
頑張って調べましたが、やっぱり花の名前は難しいですね。
本当は名前は書かずにおこうと思ったのですが、自分なりに調べてみたかったし
そうすることで、余計に愛おしくも感じられました。
一つ一つちゃんと名前があるのだし、何でもいいという事は決してないのですが
花は野にあって、競い合わずに引き立てあって咲いている。

人もそうありたい…それだけ感じられたら、それでもいいのかなぁとも思います。

花を撮る時は。、アップと全体と葉っぱを撮る。勉強しました!!
野の花には名札はありませんからね~

次は八島湿原です。
やっと中盤に差し掛かりました。
こうしてみるとずいぶん色んなところへ行ったな~と今更ながら驚いています。
書くことでもう一度旅をしている感じがしています^^


ご訪問ありがとうございます
ランキングに参加しています
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
旅の写真 | comment 14 | trackback 0 Top ↑

Comment

名前は知らなくても
見ているだけで楽しいですが
撮りの名前と同様
名前を知るといっそう楽しみが増えますよね。
花の名前事典や野草事典をそばに置いていても
右から左へとすぐ忘れてしまいます。困ったものです。
おぼろさん~こんばんは
朝夕だいぶん過ごしやすくなりました。
高原に咲くどの花も清楚ですがすがしく綺麗ですね。
空気が澄んで自然の豊かさを浴びているからででしょか。私は花に関しては苦手であまり知りません。
どれも初めて観ました(^_^)/どれも花ことばが素敵です、最後の松虫草花びらが紫ががったブルーが綺麗で
素敵だと思いました。
こんにちは!
美ヶ原高原におでかけになられたのですね。
1昨年の9月にでかけたときのことを思い出しました。
八島ヶ原湿原でたくさんの山野草に出会えて嬉しかったこと!
おぼろさんの写真の1枚1枚とお話しています。

今年はマツムシソウともワレモコウとも出会っていないので
寂しい気持ちです。
なんと美しい花たちでしょう!
今年は大変な天候だったのに、ちゃんときれいに咲いてくれたのですね。
美ヶ原高原のお花たちが優しく逞しくて綺麗ですね。
こんなに沢山のお花が咲いてたなんて『美ヶ原』名前のごとくですね!
こうして自然の中で咲いてるお花たちの健気に心が和みます。
踏まれないように倒されないように守ってもらいたいですね。

ウメバチソウは可愛らしいお花ですね。
花言葉に乙女心をくすぐられます^^
ホント名前を調べるのって大変ですよね~。
イカリソウやオダマキがまだ咲いているというのには驚きました!
キバナイカリソウ?初めて見ましたけど、
イカリソウ好きの私としてはじっくり観察したくなりますな。。
非常に可愛いです^^

高原で咲く花は見つけると撮っちゃうよね^^
マクロ欲しいところですけど
イチイチ旅に持って行けないのが残念!
可憐で可愛い花が多いから悔しいけど
撮れるだけ撮って家で調べて楽しむのが良いのさっ!(多分・・・)

あぁ~また高原に行きたくなっちゃった<^!^>
こんばんは~

折角出会った野の花たちです。

あなたの名前は何というの?

そう語り掛けながら辞書を紐解き
ネットを駆使して調べます。
名前は知らなくても可愛いのに間違いはありませんが
調べていると、名前だけでなく
その花の誕生のこと
咲いている環境のこと
傍にはいなかったけど仲間のこと
色んなことがわかります。
辞書を持って歩ければいいのですが
重いので中々…(^-^;

昨夜は3年ぶりに故郷の旧友が
出張のついでに立ち寄ってくれて
久しぶりになつかしい時間を過ごしました。
故郷の花も知らない私…会いたくなります。
こんばんは^^

本当ですね~
一雨来たら、すっかり秋の気配です。
雨が暑さも何もかも持って行ってくれました^^

高原の花は、太陽をたっぷり浴びて
綺麗な空気と優しい風の中で育っていました。
でも、花咲くまでには冷たい雪や過酷な寒さの下で
じっと眠り、時を過ごし花咲く今を待っていたのでしょう。
時が来たら、眠っていた命が目を覚まし
喜びいっぱいに咲き誇るのでしょうね。
名前は知らずとも、そこに命がある…
それだけで幸せになれますね。
来年も再来年も、ずっとずっと咲き続けて欲しいものです。

今頃高原は、秋の気配に包まれている事でしょう。
本当に今年の夏は暑く
人もそうですが、自然界に生きるすべてのものは
きっと大変な思いをしたことでしょう。
人間は暑い暑いと文句ばっかりいますが
花や動物は文句ひとつ言わずに淡々と
いつもと変わらぬ姿を見せてくれます。
そして秋になるとひっそり散って
次の命へバトンを渡していくのですね~

八島が原湿原には美ヶ原では見かけなかった花が
迎えてくれました。
咲くべき命が咲くべき場所に…
自然は少しも欲張らずに自分の命を必死で生きていますね。

下手くそな写真で、花たちには申し訳ないのですが
思い出していただけたなら嬉しいです。
ありがとうございます。
高原に咲く自然界の花は
人間の手が入っていない分
色も形も少し控えめですね。
歩きながらよく目を凝らしていないと
思わず通り過ぎてしまいそうです。
ほんと気を付けていないと踏んでしまいそうになります(^-^;

色鮮やかでない分、それはそれは優しくて
見つけると思わず 「こんなところにいたのね~なんて」
話しかけたくなります。
お花屋さんに売られている花たちも綺麗ですが
野の花には、またそれと違った美しさがありますね。
珍しいものになると、盗掘の被害にあったりするようですが
それぞれに生きるべき場所にそっと置いてあげて
私たちは ごめんね、ちょっと顔を見せてね…って
それくらいでいいのですよね。

ウメバチソウも可愛いでしょう?
あまり沢山は咲いていなくて、出会えてよかったと思いました^^
こんばんは~

一生懸命調べたのですが、合っているのかどうか…(^-^;
イカリソウにオダマキ、間違ってなかったでしょうか?
ご存知の通り、オダマキ、イカリソウと言っても
その種類も多くて分別は難しいですね。
オダマキは偶然みたいに見つけたのですが
イカリソウは結構咲いていましたよ~
あのお星さまみたいな形も可愛いですよね~

マクロ、重かったけど持っていきました。
でもレンズの付け替えが大変で(笑)
とにかく撮れるだけ撮って、家でじっくり…
でもその作業って大変だけど楽しいですよね~
その子がいた場所やその時の空気を想像して
もう一度その場に立っているような気がしてきます。

そうそう、コスモス、いつにしますか?
私は時間があるし、サラームさんの都合で
場所と時間を決めて下さって構いませんよ~
休みながらだと、少しは歩けるようになりましたので。
楽しみにしています。

それから、春に実現しなかった小湊…
秋に行きましょう。鉄も少し楽しんでください(笑)
おぼろちゃん、、こんにちは♪


美ヶ原高原・・・野の花がたくさん咲いていますね。
開田高原も、普通に野の花がたくさん畑の脇などに咲いています。
農家の方にとっては、ニリンソウも「雑草」だそうです(笑
ちょっと気付いたものだけ・・・
「オダマキ」は「ヤマオダマキ」ですね。開田でも夏の終わりまで咲いています。
「キバナイカリソウ」は「ハナイカリ」のようです。
碇のように伸びてる部分がイカリソウより短いなと思って調べてみました。
1枚目の画像、、ハクサンフウロでは無い画像になっていませんか?
ピンクのお花ですよね・・・
確認してみてくださいね。


お写真、楽しみに拝見しています♪
こんにちは~

ブログ、私も拝見していますよ~
ここ数日のお写真は、そうじゃないかなあ~って思っていました^^
またまた素晴らしい風景と癒しの時間…良かったですね。
好きな風景に身を置く事って本当に幸せなことだと思いますよ~

花の名前、教えてくださってありがとうございました。
自分でももう一度確認してみたら納得です。
オダマキって種類がほんと多くて、色も形も色々。
どれも原種なのか人の手が入ったものなのか…
本当はもっともっと知られていない花も多いのでしょうね。
ハナイカリは、イカリソウとは元々の種そのものが違うのですね~
やはり私が撮ったのはハナイカリでした。
そもそもイカリソウは春に咲く花なのですね(^-^;

早速訂正させていただきます。
それにしても「ニリンソウ」も雑草ですか…
でもそうやって何気ない日常に目にするからこそ
野の花と言うのですよね。
野にあってこそ野の花…そして強く逞しく。
見かけはともかく野の花のように生きたいですね!!(笑)

それから、ハクサンフウロの写真ですが、私のパソコンではちゃんと表示されているようです。
でも時々、アップロードした際に入れ替わることがあり、私のパソコンの表示ははそのままで
気付かないことがあります。
もう一度アップロードしなおして差し替えてみましたが、ハクサンフウロになっていますでしょうか?
良かったらまた見てやってくださいね。
野の花が大好きです。
高原は宝庫ですね。

オダマキが好きですがワレモコウもいいですね。
初めのハクサンフウロも繊細な可愛らしさが何とも言えませんね。

最後の松虫草の華やかさも目の前にあったらノックアウトです。
こんにちは^^

夏の高原は、野の花の宝庫ですね。
初めて見た花が沢山ありました。
オダマキとハクサンフウロは初めてお目にかかる花。
ワレモコウは最近は見なくなりましたが、田舎にいるころは
あっちこっちに、ツンツンって咲いていましたよ~

花の形や色って見ているとほんと不思議な気持ちになります。
何故こんな形になったのだろう…とか
クレヨンや絵具では描けない美しい色…。
自然と言うものは本当に素晴らしいですね。
誰も手を掛けなくても季節を知ってひっそりと咲き
季節が行くときひっそり散って。
そこにいるだけで人を癒してくれる。
時には大自然の懐に抱かれてみるもの良いですよ~

Write Comment







  Only to a master?

Trackback

| Main | All |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。