| Main | All |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | | Top ↑
2013長野 富士見高原花の里 続き
IMG_5469.gif
あまりの綺麗に写真をたくさん撮ったので
もう少しお付き合い下さいね。

この百日草の花畑の奥には、まだ百合も咲いていました。
百合の花はまた次回アップの予定ですが
とにかく夢中で奥まで行ってしまい、帰りは足が痛い…

という事で帰り道は、またまた車山に続きリフトに乗って。
最初の2枚目はリフトの上から撮りました。

花畑を眼下に見て風に吹かれて、もう言う事無しです!!



IMG_5468.gif
とても広いので、花畑の周りをカートで回ることもできます。
ただ、このカート、自動運転なので自由には止まれないのです。
自分で運転するカートだったら乗ったのになぁ~
でも、私が乗ったら渋滞するかも(笑)

IMG_5712.gif
ちょっとソフトに加工してみました

IMG_5714-1.gif


IMG_5361.gif

IMG_5719.gif

IMG_5713.gif

IMG_5356.gif

人が1人として同じ人がいないように
花も1つとして同じ花はありません。
金子みすゞさんの詩にありました。

「みんな違ってみんないい」

こういう自然に触れていると、それだけでちょっと優しくなれる
辛いことがあったり悲しいことがあっても
まぁいっか~って思わせてくれる。
自然にはそんなパワーがありますね!!


次回は、この花畑の奥にある百合の花をアップする予定です。
白樺林に咲いた百合…これも綺麗だったのでまたご覧いただければ嬉しく思います^^

東海・関東・東北と台風が近づいています。
我が家も含めて、予想進路にお住いの皆様どうぞお気をつけて。
被害が無いように祈ります。


ご訪問ありがとうございます
ランキングに参加しています
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
風景写真 | comment 4 | trackback 0 Top ↑

Comment

どれだけあっても飽きることはないですね。
まだ行ったことのない御浄土もこんな所でしょうか。

仏壇に毎朝お茶を供えていたら
お寺の御前さんから、御浄土には清い水がわき出ているので
仏壇には供える必要はないと教えられましたが
花が咲き乱れていても生花は供えますし、そうですかと言いながら
お茶も以前通りにわが家ではお供えしています。
母親は生前、お茶好きでしたから・・・。
おぼろさん~こんばんは
何度見ても見飽きことがなく花は不思議な魅力がありますね。先日妻の7回忌でしたので菊の花を買って
仏壇に供えお寺から住職さんを読んで法要してもらいました。花は一週間に一回入れ替えて供えていますが
多分花々が好きだったので喜んでいると思っています。おぼろさんの一面の百日草を見せたら
わー綺麗(^_^)/と声を弾ませたと思います。見せられないのが残念です。
お浄土、行って帰ってきた人を知らないので
実際にはどんなところかはわかりませんが、
きっとこんな風に花に囲まれた綺麗なところであってほしいと願います。

御前様のお話も分からないではありあせんが
ご仏前って、いつも何かを供えるのですが、供えているものは物ではなく
その人を思う心だと思うのですよ。
例えばお茶が好きだった故人にはお茶をお供えしたいと思いますし
お菓子が好きだったお菓子を…と言う具合に。
祖母は、おはようございます。今日も一日お守りください…と言いながら
朝からお茶とごはんを毎朝欠かさずに備えていました。
戴きものをしたらまずお仏壇に、そして子供の私はおさがりを戴く。
そんな風にしてご先祖や亡くなったか方々を偲び敬う気持ちを
知らず知らずのうちに学んでいたのだと思います。
お母様、お幸せですね。きっと毎朝美味しく召し上がっていることでしょう。
こんばんは^^

ほんとですね~花はいつ見ても見飽きることがありません。
日本は四季折々、花を愛でることが出来る幸せな国だと思います。
奥様、もう七回忌を迎えられたのですね。
人が亡くなると、初七日、四十九日、初盆、一周忌、三回忌と
次から次に法要があり、その度に人が集まり気が紛れますね。
三回忌を過ぎると七回忌まで少し間が空き、ふっと淋しくなると聞きます。
私が二年越しに父、伯父、祖母と亡くした時は毎年何らかの法要があって
その度に親戚が集まりそれはそれで嬉しかったものです。
最初の一年は、去年の今頃を思い出し辛い毎日でしたが
二年三年とたつうちに淋しさは懐かしさに変わっていきました。

毎日お花を供えられるとき、何を話しておられるのでしょうね~
仲が良かったお二人のことです。きっと楽しかったことを話しておられることでしょう。
奥様も、きっと声にはならないけれどいつもありがとうと言っておられると思いますよ。
私の写真も見て頂けたなら喜んで下さったでしょうか。
いつまでもお元気で、奥様に楽しいお話を沢山して差し上げて下さいね~

Write Comment







  Only to a master?

Trackback

| Main | All |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。