| Main | All |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | | Top ↑
青梅 町歩き
IMG_6071.gif

散々道に迷った挙句、やっとたどり着いた町並み。
懐かしい映画の看板が沢山…と言っても見たことがあるのは…(^-^;

夕日のガンマンは、ちょっと思い出があって。
小学校の時だったかな。
クラスの何かの会でグループを作り、出し物をすることになりました。
私はくじで、男の子が多いグループになったのですが
その中の一人が「夕日のガンマンやろうぜ!」なんて言いだして
女子は撃たれて倒れる役。
うう~っと言いながら倒れるだけの役で(笑)
男の子たちは、おもちゃのピストルで撃ち合い。
勝った子はピストルを指でくるくる回したりしてね~

あのころの友人たちは今頃どうしているのかな。
今だから言える。
ほんとは、ちーーーーーっとも面白くなかったんだから(笑)



IMG_6076.gif

IMG_6068-1.gif

IMG_6103.gif

昭和レトロ商品博物館にて
懐かしい文具から、今もなお健在のものまで
IMG_6084.gif

IMG_6095.gif

IMG_6078.gif

IMG_6098.gif


先週、ちょっとした手術を受けましてただいま自宅にて静養中。
徐々に回復に向かっていますので大丈夫です。

のんびり更新がますますのんびりになりそうでいけません。

12月に入って1年を振り返ると、今年も色んなことがあったなぁ~とつい感傷に浸ってしまいます。
あと1ヶ月、今年をどんなふうに締めくくろうかと1人ベッドの中で考えております。

様々な記憶を、この小さい脳みそに詰め込んで
時にはしまった引き出しを忘れてしまったり
何気なく開けたらとんでもないものが飛び出して来たり…。


人は忘れることで生きている。
悲しい事は忘れる事。
でもね、忘れなければその悲しみは
いつかやさしさに変わることも知っている…。


ご訪問ありがとうございます

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
風景写真 | comment 8 | trackback 0 Top ↑

Comment

レトロな町・・・。
郷愁をそそりますね。
2眼レフカメラも懐かしい。35ミリ版・36枚撮りの機動性に富むカメラが売り出されて
あっという間にブローニー版の2眼レフカメラは姿を消してしまいました。
でも、フィルムが大きい分だけ、風景写真にはもってこいだったのですが・・・。
街角や路地で遊ぶ子どもたちの姿も見かけなくなって
昭和も遠くなりにけり・・・・ですよね。
こんばんは。
青梅は町中に懐かしいものがいっぱいで昭和を肌で感じられる町でした。
山あり川あり懐かしいものあり。
良い町でしたよ~

2眼レフカメラ、見たことはありますが
実際に覗いたことはなく、どんな仕組みになっているんだろうと興味津々。
オリンピックのパッケージのタバコ。
懐かしの雑誌、見覚えのある文具たち。
一瞬タイムスリップしたかのような錯覚を覚えました。

昭和も遠くなりにけり…
子供の頃は大きい子も小さい子も一緒になって
路地裏で縄跳びをしたりメンコをしたり
暗くなるまで、かくれんぼに、鬼ごっこ、缶蹴り…
今の時代の子供たちにも是非経験してほしいですね~
おぼろさん~こんばんは
手術をされたのとの事ご案じ申し上げます。ご無理をされないでください。
レトロな町懐かしいですね。映画の看板どれも見た映画ばかり想い出します。あの頃の映画はロマンがありました。
心の琴線に触れる映画が多くいつまでも心に残りました。私も中学の頃モデルガンを持って西部のガンマンになりきって遊んでいました。早打ちを勝負していました(笑)写真の中に私が今でも持っている(60年間)Yashicaの
二眼レフがあり驚きました。今ではフイルムがないでしょうね。風景写真は抜群の魅力がありました。
記憶の中に刻まれた子供の頃の想い出は貴重な宝物だと思います。今の子供たちは団体で遊ぶことがないので
不幸ですね。レトロな町ブログにアップして頂き感動で心にともしびが灯った感じです。ありがとうございます。
こんばんは~
ご心配おかけしました。
皆様の所への訪問もなかなかできず失礼しています。
金曜日に抜糸なので、それが済んだら随分すっきりすると思われます。
インフルエンザの予防接種の後の体調不良は良くなられましたか?

きっと映画好きのサンタナさんのこと。ご覧になった映画が沢山ではないかと
編集しながら思っていました。
青梅の町は周りの空気感が昭和な感じで懐かしい感じがしましたよ。
ああ~サンタナさんも夕日のガンマンやられてましたか(笑)
サンタナさんがお持ちのカメラ、記念館に収蔵されるほど価値あるもののようですね。
風景写真を撮る時は迫力があったと他の方も書かれていました。

私が子供の頃は。大きい子供が小さい子供の手を引て気遣いながら
危なくないように遊ばせ、小さい子供はお兄ちゃんお姉ちゃんと
まるで兄弟のように慕ったものです。
そういう関係は大人になった今でも懐かし覚えています。
昭和は本当に遠くなっちゃいましたね~
こんばんは。

確か長年映画の看板描きを職業にしていたおじいさんがこの町に住んでいて、
全てオリジナルで描いたと聞いています。
レトロな町青梅も結構有名になりましたが、たった一人のキーマンで成り立っている
ところもあるんですね。
子供の頃はまだ手描き看板だった記憶がありますが、いつ頃からフィルム印刷でペタリになったんでしょう。
気付かぬうちに時代は移ろっているようですね。
こんばんは。
言われてみればこの看板、どれも手描きですね。
今はもう、映画の看板を描きで書くことなどないのでしょうね。
いつの間にか人は、大切なものをどこかに落っことしているんじゃないか…
そんな風に思います。
一度手放した大事なものは、無くしてみてわかるもの。
時代に流され、私はいくつ大事なものを無くしてしまったのかな。
いつか取り戻すことは出来るかな。
たった一人のキーマンなどにはなれず、かといって時代に抗いたくもあり
出来る事と言えば、遠くなった昭和を懐かしく思うのみです。
夕日のガンマンをやったんですか?
ちょっとそれ、オモシロいですね。
小学生で夕日のガンマンを提案した男子は結構文化人ですよね。
倒れる役?うふふ… どんな感じだったんだろ?
あれ?浮かばない… おぼろさんを知らない事に気づきました(T_T)。。
でもいい思い出ですね。
近代映画とかキネマ旬報とか憧れで大人の文化の香りがしましたよ。
懐かしい映画の町、青梅… これはいいアイディアですね。

所で手術されたんですね…
大変でしたね。
どうぞご養生を充分なさってゆったりと時間を過ごされますように

哀しみは愛になる…
涙を流した分だけ… やさしさが…
私もいつも思います。

お元気になられますように…
お祈りしております。
そうなんですよ~
やったんです、夕日のガンマン(笑)
言いだしっぺは、ちょっとカッコよくてスポーツマンでしたね~
懐かしくていい思い出です^^

この雑誌、母が見ていたのかな、家にありました。
ハイライトが好きなヘビースモーカーだった父のことや
とってもお洒落だった母のこと、思い出しましたね。

今日無事に抜糸が済み、検査の結果も良性とのことで一安心です。
まだ痛みが少し残っているのですが、あとは日にち薬ですね。
ありがとうございます。

今年はことのほか夏が長くて、あっという間に秋が過ぎ
12月も早中旬に差し掛かろうとしています。
街角はクリスマス一色らしいですが
そろそろ冬眠の支度を始めた私です。

Write Comment







  Only to a master?

Trackback

| Main | All |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。