| Main | All |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | | Top ↑
小湊鉄道 2013 秋 その1
IMG_6644.gif

小湊鉄道 かずさつるまい駅

いつもは駅舎を撮るのだけど今回はいつもと違う視線で。






IMG_6642.gif

IMG_6637.gif

IMG_6649.gif

IMG_6103-1.gif

誰もいない駅だったけど
出て行ったばかりの電車の匂いが残ってる

カサコソとホームを転がる風に
秋の声を聴く

師走なのに今日もMyペースで生きています

今年は秋を訪ねる機会が多かったので、秋の写真がしばらく続きます。
色んな場所の秋を織り交ぜて書き残しておこうかと。
季節外れになりますが、楽しんでいただけたなら嬉しいです。
年が明けても、秋、書いています、多分…(^-^;


ご訪問ありがとうございます
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村






スポンサーサイト
風景写真 | comment 8 | trackback 0 Top ↑

Comment

駅の顔は2枚目!ではありませんが
どんこ好みの姿です。いいなあ・・・。
この写真を見る限り、まるで廃駅と錯覚しそうですが
まだ現役なのですね。
まだまだ残っている木造の駅舎、できれば改築しないで欲しいです。

わが南荒尾駅は同じ無人駅ながら瀟洒になって、
スイカ・スゴカも使われる装置が設置され
水洗トイレも出来ました。
2枚目の写真はとても不思議な一枚・・・。
手前に伸びる線路は途中で軌道がズレていますので、
おそらく廃線なのでしょう。
この建物も、戸口の高さが低いので、普通の気動車では
つっかえてしまう。
ということは、保線用車両の小屋?にしては妙に建物が
でかいのです・・・。
こういうなんか気になる写真、いいですね。
次回も楽しみです。
こんばんは^^
1枚目、2枚目はその昔発電所として使われていたそうです。
駅舎に灯す灯り…
そしてそれは近隣の家々に広がり最後はたくさんの家々を照らしたそうです。
聞きかじりです(^-^;
現在は、倉庫?かな…すみません。
大正生まれの駅舎ですので相当傷んできてはいますが
趣のある懐かしさでいっぱいになる駅舎です。

あはっ、熊本にもスイカやスゴカが進出してきましたか。
熊本市内のコンビニではSuicaでの買い物ができるようになったと聞きました。
変わるものあり、変わらぬものあり。
その中から本当に大切なものは自分で選び取っていかないといけないのですね。
窓ガラスは割れているようだし廃舎なんですよね・・
観光用に残してあるのかしら?
老人が生きた証を回想するような映画のラストシーンを観ているようです。
このまま雰囲気で何時までも残してほしいですね。

こんばんは^^
この建物は現在は倉庫みたいにして使われているそうですが
その昔は、駅舎に灯す明かりのための発電所だったそうです。
いつしかそれは広がって近隣の村の家々を照らす明かりとなったそうです。
小湊鉄道は、いつ訪ねても変わらずにそこにあって
そんな中から、違う表情を探したりもします。
でも、どこを撮っていてもひょっこりと綯うかしい時代が顔をのぞかせますね。
今回は1日かけて色んな駅周辺を回ったので
時々覗いて頂いてお楽しみいただければ嬉しく思います。
コメントありがとうございました。
おはようございます。
外は木枯らしが吹いていますが、窓越しの陽射しは暖かです。
窓際にいると、春かと思うようです。

この建物は廃舎と言う訳ではないのですが
そう見えても仕方ないかな~(^-^;
昔は発電所だったところで、今は倉庫になっているようです。

この駅は、駅舎も古くてローカル路線の雰囲気いっぱいで
よくドラマやCMの撮影に使われるのだそうです。
脚光を浴びるのは嬉しいけれど、内緒にして
そっとしまっておきたい…そんな場所でもあります。
寝台車もそうですが、無くなると思うと急に愛おしくなるもの。
なくならないように、大事に残しておきたいですね。
こんばんは。

上総鶴舞、小湊の至宝とも言える駅です。
おぼろさんらしい視点でこまめに撮られましたね。
懐かしい雰囲気がよく出ています。

こういった駅は無人駅になると急に荒れ果てたり、
不粋なお色直しが行われたりして別物になってしまうのが常なのですが、
この鶴舞はそのまま時が停まったような独特な佇まいがあります。
ガラス越しに駅舎の中を覗くと、かつて駅員が寝泊まりしていた2畳程の
宿直室もあるのが分かり、かつて朝夜を駅で過ごした鉄道員の姿も思い起こす事が出来ます。

発電所跡は保線用の機器の倉庫になっているようです。天井の高い独特な建物ですよね。 


こんにちは。

佇んでいると、気持ちが穏やかになる駅ですね。
ここを通り抜けて行った色んな人の気持ちが
ふわふわと漂っているような気がしました。
ホームに立つと、旅立ちの気分になります。

この駅は本当に変わってないのですね。
無用な手を加えず、良きものを良きままに残す。
守り人の気概を感じます。
この駅がもっと盛ん立ったころの面影。
至る所に残されていました。
いつ行っても、懐かしい気がする場所です。

Write Comment







  Only to a master?

Trackback

| Main | All |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。