| Main | All |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | | Top ↑
小湊鉄道2013 秋 飯給
IMG_6764.gif
小湊鉄道 飯給駅
電車と一緒に撮ろうと思ったら
柿が真っ黒に映ってしまい
仕方ないので柿をメインの一枚


IMG_6679-4.gif
春になったらピンクに染まる桜の木

IMG_6772.gif

IMG_6758.gif

IMG_6750.gif
お昼青少し過ぎたばかりなのに
里山は少し夕方の空気の色…
帰り間際に入線してきた電車。


「命をじっと蓄え
 花咲くときのために
 冬はあるのだ
 秋に貰った季節のバトンは
 確実に春へ
 雪の下では春の子どもが
 バトンを抱いて眠っている」


週末に向けてもっと寒くなるようです。
天気予報は雪が降るかもしれないと言っていました。
春が待ち遠しいですね。
どうぞ風邪などひかれませんように…。

ご訪問に感謝します
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
風景写真 | comment 6 | trackback 0 Top ↑

Comment

こんばんは。

この駅は正面の神社のある山の向こうに日が沈むので、意外に早い時間に影が伸びてしまいます。
午後になった途端にアンバーに傾く様な気がするのも、この季節ならではですね。
何の変哲も無い長閑な里山に佇む駅の、大らかな冬の大気が伝わります。
おぼろさん~こんにちは
今日は今年1番の寒さで外出せず部屋で過ごしています。
穏やかで長閑な里山の風景澄んだ空気感を感じます。空の青さが目に沁みます。
柿の描写はまるで絵画的で素敵だと思います。
こんばんは~
まだこんばんはでいいですね?(笑)
訳あって、毎日こんな時間まで起きています(^-^;

飯給駅は、本当に日が翳るのが早いですね~
多分1時半ごろだと思うのですが夕暮れの気配が漂うのは
日の沈む方角のせいなのですね。
秋の夕暮れ、淋しそうなものですが
ここはどことなく柔らかで
行く秋を楽しんででもいるかのようにも見えました。
秋は淋しいばかりじゃないですね。
そして田舎の駅はどことなく温かい…
そんな気がします。
こんばんは~
今日は寒かったですね~
一歩も外へは出ていませんが
窓際に立つとガラス越しに外の冷たさが伝わります。
こうして夜中に起きていると、部屋の空気全部がひんやり感じます。

この駅も今はすっかり冬景色なのでしょうね~
訪ねた頃はまだ陽射しも暖かだったのですが
今の季節、この駅舎で電車を待つのは寒いだろうと思います。
でも、近代的なコンクリートの駅舎にはなってほしくない。
普段そこにはいない者の勝手かもしれないですね。
このままの景色を残したいとかって…。

変わらずにいて欲しい場所
変わらない事を願うのって、ある意味わがままなのでしょうね。
空の青さが今更ながら綺麗に見えます。

明日からもしばらくは寒さが続くそうです。
病み上がりのお身体、どうぞご自愛なさってくださいね。
ネットで検索していると
「都心から最も近い里山」という表現で紹介されていました。
おぼろさんが心惹かれるはずですよね。
ノスタルジアを感じる場所が身近に行けると言うのは
いいことですね。

東京オリンピックを機にまた開発が進んで
田舎がなくなっていくのは避けてほしいものです。
昭和39年の東京オリンピックで
あの日本橋が高速道路で覆われてしまうようなことは
二度とあってはいけませんよね。
おはようございます^^
昼間は中々集中できないので夜中に勉強しています。
ちょっと休憩~(笑)

小湊鉄道は、家からだとバスを乗り継いで1時間半ほどで行けます。
海ほたるを通る高速バスがあるので行きやすいですね。
ただあそこを通る時は、地震が来ないように祈りつつです(笑)
海底の地下道と海の上で逃げ場がありあせんから~

東京や横浜は都会と言う感じがしますが
案外少し離れただけで素敵な里山があるようです。
少し離れると山が迫り田畑が多い農村もあります。
昔、東京でべこ飼うだ~なんて歌がありましたが
あれって本当みたいです。

オリンピックに向けては
取り壊されて新しくなったりするものもありますが
あまり大きくは変わらないでほしいですね。
私はオリンピックの頃は、どこで何をしてるやら…(^-^;

建物はもちろんですが、原発の問題や地震の事
大丈夫なのかな~って思います。
細川氏が都知事選に出られるようですが
さて、どうなることでしょうね~

Write Comment







  Only to a master?

Trackback

| Main | All |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。