| Main | All |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | | Top ↑
熊本県天草町大江教会
IMG_8300.png
大江教会です。
真っ白い教会で、海を見下ろす小高いの上にあります。

花がたくさん植えられたプロムナードが素敵…。

崎津教会とはまた少し違った雰囲気を持つ教会ですね。
ロマネスク様式というのだそうです。
中はちょうど教会行事の最中で入館することができませんでした。


IMG_8302.png

IMG_8297-1.png

IMG_8319.png

IMG_8320.png

IMG_8323.png
教会へと丘を登る道すがら、振り向くとこんな風景が見えました。

信仰って何でしょう…
私には難しいことはわかりませんが
信じるものがあるって心を強くするのでしょうね…。

誰かに助けを乞うものではなく
自分の力で歩いていく手助けになるなら
それもきっと素晴らしいことなのでしょうね。

   「生きるということは
    色んな命を自分の中に受け入れて
    その命の分も歩くということ
    自分が今ここにあるということは
    それは色んな命を代表しているということ
    背負うものは大きい」


梅雨明けを思わせるような晴天が続いたと思えば
今日は今にも降り出しそうな空模様
南九州は梅雨が明けました。
きっと天草も光あふれる
天草らしい、いい季節を迎えていることでしょう。

7月も折り返しましたが、日々が過ぎるのは本当に早いですね。
行きつく先は誰もが同じだけど、どう生きるかはそれぞれ。
私は頑張って生きてるかなぁ~
教会を見上げてそんな風に思ったこと、そんなことを思い出しました。
あと一回、教会記事があります。
諄くてすみません(^-^;

応援ありがとうございます。
ご訪問に感謝します.

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
風景写真 | comment 8 | trackback 0 Top ↑

Comment

おぼろさん こんにちは~♪
フラワーロードが素敵ですね。
生まれ変わったら結婚式を合同で挙げようね(^^)
さて、困った。
たくさんの教会を見せてもらったから何処にしようか迷うね!
いっそのことあちこちの教会で挙げようね(笑)

私の叔母はクリスチャンなのよ。
お嫁にも行かずずっと教会で暮らしています。
何を信じたんだろう?
私には分からないけど芯が一本通ってるけど優しい叔母です(^^)
ケイコさんへ

ケイコさんこんばんは~
お花がいっぱいの白亜の教会。
崎津の教会とは雰囲気がずいぶん違うでしょう?

崎津はゴシック建築でこちらはロマネスク調。
雰囲気の違いは建物と立地のせいかな~

合同結婚式~いいですね~\(^o^)/
教会のはしご…あはっ楽しそう…

叔母さまはクリスチャンなのですね~
カトリックの神父さまは生涯独身を貫くそうですが
修道女も同じなのですね。
神に生涯を捧げる…。
一度ゆっくりお話ししてみたいですね。
そういう方は信仰にきっと何があっても揺るがない
強い気持ちを持っておられるのでしょう。
ある意味羨ましい気持ちもしますね。

私は何を信じて生きているのかな…
いつもゆらゆら揺れる波間に漂う海月のようです。
おぼろさん~こんばんは
大江教会白亜で清楚な感じで素晴らしいですね。
花々が周囲にあり癒され心豊かな和みを感じます。
こんな教会で賛美歌を歌いお祈りすると安らいだ心持ちになるでしょうね。
聖母マリア像も心安らかなものを感じます。
マリア信仰はカソリック圏では多いですね。イエス様を崇拝するのが本来ですが西欧では何故かマリア様を信仰する傾向が多いようです。
私たちは与えられた生の時間を、その内容がたとえ貧しかったとしても生きぬかなければならない、たくましく生きなくておよい、オロオロと泣きながらでも生きぬくことが必要なのかもしれませんね。おぼろさんのブログを拝見して生きることの大切さを感じさせられました。ありがございます。
サンタナさんへ

おはようございます。
大江教会、白がいいですね。
花の色と相まって、余計に美しく見えます。

以前、教会で行われた知人の葬儀に出たことがありますが
雰囲気がとてもやわらかで、死を悼むというよりも
先の希望が見えるようなお別れの儀式でした。
我が家は一応真宗らしいのですが、ずいぶん雰囲気が違うものだなあ
と、変なところに感心したものです。
私は自分が死んだら、
「葬儀はいらない。
ただ焼いて散骨してくれたらいいよ
使える臓器は全部提供して」
と、常日頃言っていますが、子供達の気持ちはそうもいかないらしく
散骨って一言でいうけど、許可やらなんやら大変なんだってよ…とか
お母さんの臓器なんて、もう薬漬けで使えるとこなんかないよ…なんて
言われて却下されてしまいます。

死んだ後はどうなることやらわかりませんが、自分じゃどうすることもできないのでね(笑)
残されるものの気持ちも大切だし。
って、子供たちに言わせれば、自分が死んだらね~なんて言う人間は長生きするのだそうです(笑)

どれだけ生きるかじゃなくて、どう生きるか…
これが大切だと思っています。
いい人生だったかなんて死ぬ間際になってもきっとわからない。
だったら、自己満足でいいからいい人生だったと言える生き方がしたい。
ただそう思います。
本当に、オロオロ泣きながらでも彷徨っても生きていることが一番大事で
難しいことかもしれませんね。
なんだかとりとめのないことを書きました。すみません。

最近は、一番集中できるので夜中に勉強して、
家人のお弁当を作っって送り出し、家事を済ませた後少しお昼寝…そしてまた机に向かう…。
そんな不規則な毎日です。
昼間は電話がかかってきたり来客があったりで、なかなか集中できないので。
身体にはあまりよくない日々です(^-^;
来月は願書を出します。
いよいよ感が迫ってきました。

吉井勇が詠んだ短歌の歌碑が
隣り合わせで建っていますね。
夢多い4人の文学青年たちが鉄幹に連れられて旅した九州への旅、
わけても天草の印象は強烈だったのでしょうねぇ。

白秋とともに泊りし天草の
 大江の宿は伴天連の宿

ともにゆきし友あらず我一人
 老いてまた踏む天草の島

「五足の靴」一行は荒尾の「万田坑」にも寄っているのですよ。
長州港のそばには「五足の靴」一行が上陸した記念の碑が建っていますが
万田坑には何もありません。
世界遺産を目指すなら
こういう点にも心配りが必要でしょうね。          
メルヘンですね〜
お花いっぱいの中に白い教会。
お話みたいですね。
振り向いた景色が、これもまた素晴らしい。
この世のものとは思えませんね。
マリア様の信仰は理想です。
「はい、従います」
単純明快です。
中々出来ない事です。
信じてます、あなたの仰る通りにと言ったとしても
その通りに出来るものは中々居るものではない。
それでもそのままのお前を愛してるよというイエスの愛を受けて許されて生かされて、弱い自分と出会うばかり。
そしてまた許して下さるイエスの愛、
堂々巡りでもいいんです。
感謝です。
素敵な旅を見せて下さってありがとうございました。




どんこさんへ

こんばんは~

吉井勇の歌碑には気づきませんでした(^-^;
5足の靴は有名ですよね。
今ではその名の宿もできたほど…。

与謝野鉄幹率いる4人の若い学生たちは、天草の地を訪ね歩きながら
いったい何を思ったのでしょうか。
あの東シナ海の水平線の先を思い描いたりしたのでしょうか。

天草は、与謝野鉄幹・晶子夫妻を初め林芙美子や夏目漱石など
文学とも縁が深い地でもありますね。
長崎と船で繋がっていたことも熊本の海の玄関口として
大勢の人が訪れ、愛して止まない地になった要因かもしれないですね。

5足の靴の一行が柳川に立ち寄ったのは知っていましたが
万田坑にも縁があったとは知りませんでした。
世界遺産、なった方がいいのかならない方がいいのか
いろんな意見もあると思いますが、大勢の人に歴史として
知って貰うのはとてもいいことですね。

変わらずにいることが難しくなった今の時代にあって、
天草には、これから先もあまり変わらずにあってほしいと
心からそう願っています。
carmencさんへ

こんばんは~
メルヘンですか?^^

天草という所は、訪れる人を詩人にする…
どこかでそう聞いたことがあります。
教会に限らず、なんていえばいいのでしょう
天草の持つ独特の雰囲気があるんですよね。
光が降り注ぐそこはかとない明るさと
それと対照的などこか少し陰をを帯びているような…

私はこれと言って信仰をしている訳ではありませんが
神様はおられるような気がします。
私にとっての神様は、特定の誰かではなく
いつも私のそばにいて慰めたり励ましたりしてくれる
そんな存在です。
そしてキリストのように私が間違っても許してくれます。
そしてまたこれから頑張ればいいと言ってくれます。
いつも肩の少し上のあたりから見ていてくれてます。といっても、
心霊とかいうおどろおどろしいものではなく
私も守り神みたいな…。
だから私割と「運」がいいんです^^
守られているなあっていつも感じています。
いつも一緒
いい時も悪い時も…。
私だけの神様を信じています。

マリア様にしてもイエス様にしても
私だけの神様であっても信じるものがあるっていいですね^^

Write Comment







  Only to a master?

Trackback

| Main | All |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。