| Main | All |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | | Top ↑
有明海の夕暮れ
IMG_8414.png
本渡を抜けて上島へ戻ってきました。
下島の北半分を回って、一番最初にご紹介した三角西港も通過し
有明海が見えるところまで来ると、すっかり夕暮れ…
潮が引いていれば、遠くまで広がる名勝有明干潟が見られるはずでしたが
ちょど満ちる時間に差し掛かっていて干潟を見ることはできませんでした。
雲の下にうっすら写るのは、島原半島です。

ここの干潟、好きなんですよ。御輿来海岸(おこしきかいがん)よりもう少し熊本市内寄りの宇土というところ…。
熊本にいたころは、昼過ぎに出かけて、夕日が沈むのを見て帰ったものです。
静かなゆったりとした海を、海岸沿いの休憩所の椅子に腰かけてずっと見ていました。
少しも見飽きることのない私のお気に入りの風景です。
IMG_8413.png
まだ少し陽が高い時間ですね。

IMG_8403.png

IMG_8394.png

8月になりました。
去年の今頃は何をしていたかな~
人が亡くなるとと、最初の1年が1番さみしいと聞きます。
なぜならば、「去年の今頃は・・・」と考えるからだそうです。
季節が2度巡ると、去年の今頃の思い出は、もう思い描けないわけで
色んなことが過去になり、悲しみも少しは薄れるらしいです。
ところで、過去を過去として飲み込むには、それなりの時間が必要なのですが
ただ時間があればいいというものでもないらしく、人の心というものは複雑です。
心の糧となる思い出はいくらあってもいいものですが
恨みつらみや憎しみなど、思い出したくもない思い出はかえって忘れないもので
その対象物の存在そのものが消えてくれないかしらと願ったり…ね。
スパッと切り取って、そういうものが存在しなかった時間にできれば、それが一番幸せなのですが…。
誰にでも消し去りたい過去の1つや2つ、あるのでしょうかね~。
記憶をドラッグして削除、そのままゴミ箱へ。ゴミ箱を空にしておしまい・・・。
人の心はそんな訳にはいきませんよね~(笑)

私が生まれた熊本では、8月にお盆の供養をするところが多いです。(地域差があります)
毎年のことながら知り合いに、新盆を迎えらえるおうちも何軒かあって…。
迎え火を焚き、提灯を灯し、故人の好物を用意してお迎えをする。
黄泉の国と現世とのしばしの語らいの季節がまたやってきます。
この世に存在しなくなってもなお、会いたいと思う人達がいる私です。
そして、この世に存在すらしてほしくない人達もいる、そんな私でもあります。

毎日朝からの蝉時雨…。
蝉も一所懸命生きているのですね~

応援ありがとうございます。
ご訪問に感謝します.

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
風景写真 | comment 14 | trackback 0 Top ↑

Comment

海、大きいですね~。横浜の海とはまた違いますね。
干潟があるというと、豊な海ですねきっと。
夕陽に染まる空と海・・・いつまでも眺めていたい!

記憶に留まる嫌な思い出・人・・・
そこから離れられない人達の犯罪が増えたと思いません?
依存度が高くなっている証拠だと思うんです。
相手を殺しても消えないハズですよ。
私も苦しんだから分りますけどね。

朝からの蝉しぐれ・・・良いんだけど早くから目が覚めちゃって^^
寝不足気味の毎日。
寝坊しても良いのに、出来ない!
天草へ行く折には
時々車を止めて眺めるスポットになっています。
おぼろさんもお気に入りの場所でしたか。
最近は有名になりすぎて
鉄撮りならぬ干潟撮りが全国から
あの高台に押しかけていますよ。
有名になりすぎたら、ちょっと足が遠のきますよね。

またまた台風の影響で不安定な天気です。
本降りになったかと思うと
カッと日が照り、かと思うとまた雨・・・。
ぼんやり窓から外を眺めています。
サラームさんへ

ここ有明海は内海なので
波も穏やかで、太平洋側の海とは
ひと味もふた味も趣が違いますね。

大潮の干潮時に見られる干潟はとても有名で
自然の織り成す芸術にはため息が出ます。

記憶からどうしても消すことのできない嫌な思い出って
誰にでもきっとあるはずなんですよね。
だからと言ってそれで事件を起こしていたんじゃ
身がいくつあっても持ちませんね(^-^;
傷ついたことに仕返しをしても楽にはなれないのだけれど
人を傷つけ平然としている人を見ると、一矢報いてやりたい!
そう思う被害者の気持ちは少しわかる気がします。
事件の被害者家族が、自分の大事なものは返ってこないのに
なぜあいつが平気で生きているんだ!と叫ぶ思い…。
難しいですね~許すということや忘れるということは…。

今日はやけに蝉の声が大きいなあと思っていたら
ベランダのゴーヤの葉っぱに止まっていました。
最近は朝4時頃には起きるので蝉より早起きです(笑)
どんこさんへ

57号線を海沿いに走ると
絶対目に入る風景ですね。

干潟を見る人が増えたためか
最近は海岸線にもトイレをや休憩所が整備され
長い時間いても苦にならなくなりました。
ここの夕日に照らし出された干潟は
本当に美しいですね。

でもここは、マジャク釣りもアサリ取りも
できなかったように記憶しています。
渡り鳥も見かけなかったようです。
荒尾海岸とはまた違った役割が
ここにはあるのでしょうね。

また台風が通り過ぎ、次も控えていますね。
今日は夕方からゴロゴロと空が鳴り
またどこかで花火でも上がっているのかと思っていたら雷でした。
一雨来るとよいのですが…。
こんにちは^^/
海の夕暮れ、良いですね~。
マジックアワーの紫の空よりこういった黄色からグレーの夕景のほうが落ち着きます(笑)

去年の今頃は...とか考える前に「先月の今頃は~」とか考えてますよ(笑)
でも、よく考えてみると「現実逃避」なんですよね~。
帰ってきてからの仕事なんか、「上から降ってくる目的が理解できないことの処理」で
なんか気が入らなかったりしてます。ホント、ゴミ箱に放り込んでやりたいです(爆)

今はタイランドの5週間が、心の糧となってるんでしょうが
薄くならない内にまた行けるといいなぁ~。。。^^
美しいなあ…
そこにならずっと居たいですね。
有明と言うとそこの海苔を30年程食べてます。そしてムツゴロウですよね。色々複雑に政治にいたずらされても(身内の者におぼろさんが驚くような話もあります)、、、
海は穏やかにたおやかに深く… おぼろさんみたい…
1枚目と4枚目が好きです。
あ、2枚目もだなあ… あ、3枚目もだ! 埠頭、展望台?



おぼろさん~こんにちは
干潟の海の景色すばらしいですね。波も穏やかで見飽きることがない
おぼろさんの心境が理解できます。「海は広いなおおきいな行ってみたいなよその国」童謡を思だします。人生長く生きていると思いでも沢山ありますね。悲しい思い出は親しい人との別れでしょうか…愛別離苦 哀しみは薄れますがいつまでも忘れることができません・・最近の高校生殺害を考えると何故にと?考えさせられました。想像ですが、幼少期に家庭環境が不十分で十分な愛情を受けずに育ったり、自我を否定されながら育ったりすると自己肯定感が育まれずに「自分は愛される価値のない人間なんだ」と思ってしまい自分や他人を愛したり、信じたりすることが出来ず どうせ自分なんて ということになってしまいがちになるのではと想像しました。
話がそれました、海の恵みは大きいですね。精神的な豊かさを食べ物の豊かさをまさに母なる器の深さでしょうか 素敵な海の写真心が癒されました。ありがとうございます(^_^)/
Dedeさんへ

おはようございます^^
海の夕暮れは良いですね。
ただ湘南の海のようにカッコいいサァファーはいません。
偶にはウインドサァーフィンをするヨットを見ますが
ほとんどアクセントになってくれるのは漁船です(笑)

私は去年の今頃は体調が最悪で
職場や買い物先で何度も倒れたりして
仕事も辞めてさて、何をして生きていこうか…
そんなことばかり考えていました。
Dedeさんのお仕事は上から降ってくるのですね(笑)
外で仕事をするということは大変ですよね(-_-;)
dedeさんのように書いてくださると、辛いことも笑い飛ばしてしまえよ!と
励まされたような気分になるから不思議です。

主婦業も一生懸命やるとそれなりに忙しいですが
煩わしい人間関係もないし、自由だし
こうして今を生きていけることに感謝しています。
ずっと仕事をしてきたので、家事専業の1年はいろいろと新鮮でした^^
来年の今頃は…と考えると、無事試験に合格して
ちゃんとお仕事していていたらいいなあーなんて思います。

タイランドの癒しhが消える前にぜひお出かけください。
今度はぜひあそこにも行けるといいですね\(^o^)/
暑さが厳しい毎日、お互い、身体に気を付けて頑張っていきましょう~
carmencさんへ

おはようございます。
ただいま早朝4時を少し過ぎたところです。
早起きするようになって、朝の訪れが少し遅くなったなと感じています。
少し前なら、もううっすら夜が明けていたのに、今はまだ暗いです。
でも蝉にも早起きがいるようで、鳴き声が聞こえています。
この時間は船の汽笛も列車の警笛も聞こえません。
表はまだ静かです…。

うちからは直線距離にすると海まで1キロありません。
ただ間に貨物の駅や倉庫群が挟まっているので
海岸線に出ることができないのが残念です。

有明の海とはだいぶ違いますね。
有明の海は遠くまで浅く干潟が広がります。
豊饒の海です。
どこかでは必ずつながっているはずのこの海が
時折とても恋しくなります。

この展望台に見えるものはおそらく灯台です。
人が昇っているように見えますが、実はライトの設備。
人みたいに見えますよね~(笑)
沖行く船の道しるべです。
なんだかお返事がいつも長くてすみません。
書いているうちに蝉がたくさん起きだして
空もだいぶん明るくなってきました^^
今日も1日がんばりましょう。
あら、新聞屋さんが来たようです。ではまた…。

サンタナさんへ

おはようございます。
童謡「海」…好きな歌です。
どこまでも広がる青い海と
子供たちの純粋な未来への憧れ…
今や、飛行機に乗ればどこへでも短時間で行ける時代になりました。
沖行く船を見ながら「他所の国へ行ってみたい」
「そこにはどんなことが待っているのだろう}
そんな風に夢を描き未来を見つめた時代はもう過去になってしまったのでしょうか。

先日の裁判員裁判の判決を破棄した最高裁の判決
私ごとき素人が何を言うか!と叱られそうですが
今までの量刑に比べて思いから理由が必要と書かれていましたね。
子供を悪意に殺したから…これ以外に理由が必要なのでしょうか。
今までの量刑が軽かった…それが民意であるかに思えたのに、相変わらず横並び判決。

やってられないですよね!!
奪った命の数ではなくて命を奪ったということの罪の重さ…。
とても悲しい出来事でした。

長崎の同級生殺人事件もそうです。
あの少女も大人社会の犠牲になった一人…。
心を病んでいる人が多いことに毎日驚いています。
合法ドラッグに覚せい剤。
世の中いったいどいう方向に進んでいるのかわかりませんね。

海を眺めながらいろんなことを考えて、心を一瞬でよいから無にしたい…。
何も考えずに寄せては返す波を見ていたい。
そんな時間を持つことで、やっと平静を保てる。
危うい時代になりましたね。

せめてこの海がいつまでも変わらずにいてくれることを願うばかりです。
このコメントは管理人のみ閲覧できます
鍵コメさんへ

優しい言葉をありがとうございます。
お互い立場は違っているかもしれないけれど
何かと闘っているのですね。
自分の中の矛盾やそういうものから溢れ出る葛藤。

いつかはきっと前向きになれる日は来ると思います。
そういう日が一日も早く来るように
お互い頑張っていきたいですね。
コメント感謝です。
海は広いなあでっかいなあ。
水平線の向こうに行ってみたいなあ。
どこまでも遠くに続く広い海。
ほんとに海って大きいね。

去年の今頃は何してたかな?
お盆が近づきいつもより丁寧に家の掃除してました。
お寺さんの供養。
親戚の人のお墓参り。
その準備でお掃除だなあ。
私の今頃はお盆のための掃除だなあ・・今そう思いました。
どっぷり主婦してます(笑)
ケイコさん、こんばんは^^

子供のころお盆が来ると
祖母が押し入れの中から提灯を出してきて
ご仏壇の周りに飾っていました。
新盆の時はお供えに頂いたたくさんの提燈が賑やかでね。
クルクル回る提灯は、中に灯すろうそくで暖められた
空気の力で回るのだと大きくなってから知りました(笑)

お墓にご先祖様をお迎えに行き、お煮しめやお団子や
心づくしの田舎料理でもてなして、外では花火なんかもして。
お帰りになる日にはご先祖様の数だけ小皿を用意して
なぜか茹でたそうめんを少しづつ入れてお供えしました。
都会ではもうそんなことする家は少ないでしょうね~

今の家には仏壇はないのだけれど、両親の写真は飾っています。
命日には好きだったものを作るようにしているのですが
やっぱい生きているものが優先になってしまいます(^-^;

お盆が近づいたら、私も念入りにお掃除しなくっちゃ(笑)
今年は「盆だご」も作ろうと思います。

Write Comment







  Only to a master?

Trackback

| Main | All |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。