| Main | All |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | | Top ↑
めがね橋とねじり橋 北勢線
IMG_9038.jpg
楚原~麻生田間にかかるめがね橋
正式名称は「明智川拱橋(あけちがわきょうきょう)」と言います。
三連のコンクリートアーチ橋。
ねじり橋と共に「土木学会推奨土木遺産」に認定されています。

どう撮ろう…何も決まらないままに無情にも電車はやってきました。
アングルもなにもあったものではありません。
撮るのが精いっぱい(^-^;


IMG_9072.jpg
こちらがねじり橋。眼鏡橋からすぐのところにあります。
正式名称を「六把野井水拱橋(ろっぱのいすいきょうきょう)」と言います。
江戸時代に作られた水路にかかる橋で、橋と水路が交差しているため、ねじりを入れてブロックが積まれています。
この構造を「ねじりまんぼ」といって、現存するコンクリートブロック橋では唯一と言われる貴重なものだそうです。
                                                     「運輸課のHPより」

これもまた難しくて、ねじれているのがうまく表現できないのでした。
ねじれていると思ってご覧ください(笑)



IMG_9087.jpg

IMG_9092.jpg

IMG_9090.jpg
電車が来ない時は、こんな素敵な風景を楽しむことができます。

IMG_9057.jpg
めがね橋もねじり橋も、たくさんの撮り鉄さんで賑わっていました~

神奈川はいいお天気になりました。
出掛けたいけれど、あと2ヶ月はカメラはお預け・・・。
今はただ、勉強あるのみ…自分の未来のために自分で決めたことだから。

良い週末をお過ごしください…。

PS. 先日よりお知らせしていたアルバムが一つだけ出来ました。
プロフィールに入り口がありますので、笑覧いただければ嬉しいです(*^-^*)
はじめの一歩は、コンデジを買ってすぐの頃の写真です。

いつもありがとうございます
ご訪問に感謝します
ポチッとしていただけたら嬉しいです(*^-^*)
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
風景写真 | comment 12 | trackback 0 Top ↑

Comment

やはり、ねじり具合は難しいですね^^;
現場に行かないと伝わらないかもです...言葉でも説明し辛いし(笑)

この時に初めて気が付いたのですが、眼鏡の左側に茂る葉っぱ
モミジなんですよね...昨年は気が付かなかったf^^;
ですので、11月には毎週のように行きそうです(笑)
いやぁ~ほんと難しかったです。
なかなか来ない電車が、ああいうときはすぐ来るんですよね(笑)
でも、珍しいものがみれてよかったです。
ご一緒でなければ、橋を探している間に電車がきっと何本も~ああ~って。

あの辺り、よく見ていなかったのですが、モミジなんですね。
秋は撮り放題じゃないですか~
コスモスに紅葉に撮るとこいっぱいですね~
楽しみにしています♪

石橋かと思ったら、コンクリート橋でしたか。
結構強硬なのですね。
しかも石橋に劣らず美しい!
人が造ったものの上を
人が作ったものが走る・・・・
それをまた人が写す!
何ともいい巡り合わせですね。

こちらのテレビではもう藤崎宮大祭の
はしりの模様が放送されていますよ。
最近撮り鉄になられたのですね。同僚に3人の撮り鉄がいて困った状態です。
何故なら会社で寝ています。困ったちゃんです。
どんこさん、こんにちは!!

熊本は石橋が有名ですが
これらの橋はコンクリートでした。
ブロックを積んであるので一見石橋にも見えなくもありません。
美しさは石橋に負けず劣らずです。

ずっと昔、人が1つずつ積み上げて作った橋の上を
今も電車が走っている。
人々を繋いでいる。
凄いですよね~
電車を撮るとき、橋や鉄橋はよくモデルになりますが
単に絵になるだけでなく、何かの思いがきっとあると思っています。

お祭りの日、うちは藤崎宮が近いので毎年早起きして見に行きました。
粛々と進む神行行列、それに続く勇壮な馬追い。
目が覚めると掛け声が聞こえてきて、気持ちが浮き立つような朝を迎えてました。
SKさん、こんにちは~

別に撮り鉄ってわけじゃないんですよ(^-^;
でも電車は好きで、折にふれ撮っています。

ローカル線は電車だけじゃなくてその電車が走る風景が好きで
とても魅力的な存在です。
会社の撮り鉄さん、困ったちゃんですね~
でも、普通の人は仕事とプライベートはちゃんと分けてますよ~
鉄撮りしたせいで仕事中に寝るなんて言語道断!!

そういう人に限らず、最近は鉄道マニアのマナーの悪さが取り沙汰されて
まじめにやっている人にも白い目が…(-_-;)

今度熊本に帰られたらぜひ南阿蘇鉄道は如何ですか?
車にはない良さをきっと発見できると思います。

そうそう、その後お加減は如何ですか?
朝夕の寒暖の差が出てきましたので、ご自愛くださいね~
おぼろさん~こんばんは
石橋でなくコンクリートの橋ですね。
どれも風格があって素晴らしいです。
一枚目の写真は見事に電車を捉え橋と電車のマッチングが
見惚れます。田園風景と電車 静と動で素敵な景観で
インパクトがありました(^_^)/私は撮り鉄になりたいですが
チャンスが無く諦めています。たぶん手が震えて撮れないと思います(笑)
橋、ちゃんと捻じれて見えますよー。
しかし不思議な構造ですねえ。どうしてもこうする必然があったのか、それとも技術者が単にやってみたかったのか。
鉄道の創生期にはこんな技術的実験もよくあったようですね。
でも時を経て皆が喜んで写真を撮っているのですから、してやったりと何処かで喜んでいるかも。

どこまでも長閑なローカル線の時間が伝わります。
サンタナさん、こんにちは!

積み上げの技術が素晴らしいですね。
石橋とよく似ています。
アーチ橋と言えば私にとって通潤橋ですが
ここの橋も小さいながら立派な作りでした。
何より上を電車が走っているのがすごい!!
よほど頑丈にできているのでしょうね~
流れ行く年月を感じさせてくれます。

撮り鉄が大変なら、乗り鉄は如何ですか?^^
乗りながら変わりゆく風景を楽しむのも楽しいものです。
偶には名物の駅弁でも食べながらの電車の旅もいいですよ~
風太郎さんへ

少しでも捻じれて見えるのなら良かった~
水路と橋の黄砂の具合だそうですがが、何ともユニークです。
これは造るのも大変だっただろうなあ~と
当時の作業を思うと感慨深いものがあります。

設計も施工も初めての試み…という部分も多かったでしょうから
技術者の方々も完成まではドキドキものだったことでしょう。

北勢線はすごい山の中という訳ではありませんが
小湊鉄道やいすみ線とどこか通じるものがあるような。
ローカル線、是非存続してほしいものです。
おほろさん こんにちは~♪
あっと言う間に電車が通り過ぎていく時間って、
撮り鉄さんたちが夢中になる時間なんでしょうね。

アルバム第一作が完成したんですね。
また改めて見せてもらいますね。

ご心配かけてすみませんでした。
あたたかい言葉をいっぱい掛けてくれて嬉しかったです。
耳の痛い所もあったけど(笑)それが友達なんだなあって嬉しくなりました。
ありがとうございました。
ちょこっとお礼だけで ごめんなさい(^^ゞ
またゆっくり来ますね(^^)
ケイコさん、こんにちは

兎にも角にも原因がはっきりしたので後は養生するだけですね。
具合が悪い時に一番怖いのは原因がわからないこと。
原因を知るのは怖い一面もありますが
何よりも不明と言うのが一番怖いです(-_-;)
原因がわかれば治療の方法も何かあるはずですからね~
急がなくていいのでゆっくり直していってください。
わざわざきてくださってありがとうね~
あまり気を遣わずにゆっくりしていてください。


あっ、そうそう写真写真(汗)
電車は、あっという間に行ってしまいますが
それまでのワクワク感がたまりません。
その瞬間は、頭の中は無の状態です。
もしかしたら呼吸もしてないかもしれない・・・(^-^;
アルバム、2までできているのでゆっくり見て下さいね~




Write Comment







  Only to a master?

Trackback

| Main | All |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。