| Main | All |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | | Top ↑
モノクロームの世界 田沢湖
IMG_9559.jpg



IMG_9557.jpg

IMG_9558.jpg

IMG_9527.jpg

IMG_9539.jpg
モノクロームの中の彩 
色があると少しほっとします。

雪の写真ばかりですが、見渡す限りこういう世界です。
北国は初めてでしたが、冬は青空を見ない…と言うのがよくわかります。

こんな世界の中に立って思ったこと。
最近、都会ではクリスマスイルミネーションがあちこちで話題となります。
確かにきれいだと思います。
でも、いくらLEDになったからと言って電気が不要になったわけではなく
あの震災の後、エスカレーターが止まり電力不足が叫ばれました。
原発廃止が声高に叫ばれる一方で、電力不足のための原発再起動。
私たちにとって大事なことって一体何でしょう?
楽しみももちろん大切ですが、代わりに失われているものの多さを考えるとき
最近の風潮にいささかの行き過ぎを感じずにはいられないのです。
身体に電線をぐるぐる巻きにされた街路樹たち。
彼らだって夜はゆっくり休みたいだろうに、赤々と照らされて。
自然の木々は太陽と共に目覚め月と共に眠る。

自然の節理に反することの恐ろしさを、人はすぐに忘れてしまいます。
時が過ぎれば、大事に思ったものを手放してしまいます。

このシーズンのひと時の事だというのも理解できないわけではありませんが
命に直結した問題をはらんでいることは忘れないでいたいと思います。
美しさや快楽を追及する裏で、これから何が起きようとしているのか。
あの日のろうそく一本の明るさや温かさを今一度思い出したいと思います。

生意気書きました。
気に障った方がおられましたらどうぞ読み捨ててくださいね。

次回も雪の中の風景です。

スポンサーサイト
風景写真 | comment 10 | trackback 0 Top ↑

Comment

雪景色の田沢湖、寒そうですね~^^
と言うことは角館にも行かれたのかな?
北はあっという間に冬に突入していくから季節が早いですよ。

都会だけ贅沢三昧して、離れるとまるで違う世界。。
地方は何も潤わず、人が離れていく。
私もイルミはやり過ぎだと思っています。
だからわざわざ見に行くということもしません。

東北から来ている学生は東京は嫌いだ!と口を揃えて言います。
地元に帰ると生き返ったような顔をしていますもの。。
何となく分るような気がします。
北国の人達は耐えることを身体から染み込んで身に着けてしまっているので
彼らの想いってなかなか都会人には分らないです。

横浜も寒くなって来ましたね。
風邪引かないようにね~^^!
モノクロの世界に
一点の色彩が映えていますね。
雪の降る様を「しんしんと」と言い表しますが
まさにそう言う感じですね。
昨夜来の雨が上がりました。
寒くなると思ったら妙に暖かくてセーターも要りません。
室内は暖房なしで20℃ですよ。
おぼろさん~こんにちは
雪景色にはモノクロームの世界がよく似合いますね。
凍てつく寒さが伝わってきて言い知れぬ感動を覚えます。
見事なフォトで拍手を送りたいです。
街路樹に巻きつけたイルミネーションを観るたびに怒りを覚えます。
生命を宿している街路樹に人間の傲慢さ自己満足、いつのまに
自然を大切にする良心を忘れたのでしょうか。おぼろさんの
メッセイージに賛同します。同感です。
こんばんは。

まだ12月前なのに彼の地はこんなに雪が積もっているんですね。
田沢湖畔に流れる静寂の時間がお写真から感じられます。

いわゆる観光シーズンは終わりかけているのかも知れませんが、
かえって静かな自然の中に身を委ねる事ができたのでは。
有名観光地のお仕着せな喧噪はどうも好きになれません。
サラームさんへ

いやあ~寒かったですよ。
横浜にいて、寒い寒いと言ったら罰が当たりそうな寒さでした。
車の中で待機していて、小降りになった瞬間を見計らって、外に出て写真を撮る。
そんなことの繰り返しでした。
手は冷たいし靴はびしょびしょ。
まさかこんな大雪に出迎えられるとは(笑)
でもいい景色を見せてもらいました。

都会の暮らしは華やかで便利ですが、何か忘れ物している気になります。
生徒さんが田舎に帰ると活き活きした顔になるというのがわかる気がします。

忘れかけそうな大事なものを、胸にいっぱい抱いてまた都会へ戻ってくるのでしょうね。
その土地の事は何年も住んでみなければわかりませんよね。
口では何とでも言える。
いい所ですね~といくら口にしても一度行っただけではやはりただの観光客。
でもそれでいいのかもしれませんね。
その人が暮らす場所はそれぞれですから。

私もイルミネーションは見に行きません。
行きたいとも思いませんしね。
暮らし方も考え方も人それぞれ。

今日も炬燵が大活躍でした。
一度はいるとなかなか出られませんね~
こたつでミカン、大好きです(笑)

どんこさんへ

まさにモノクロームの世界でした。
すべてが雪に覆われ、湖は鉛色。
ときどき見かける紅葉した木が唯一の色と言う感じでした。

今日は朝から雨になり、寒い1日でしたが
北国の寒さを思うとそうも言ってられませんね。

地元の方は皆さん薄着で「寒くないですか?」と尋ねると
こんなもん寒いうちに入りませんよ・・・と笑われました。
でもやっぱり、こたつから脱出できない私です(-_-;)
サンタナさんへ

こんばんは~
寒いなら徹底的に寒い方がいいかもしれませんね。
外は寒いですが、室内はどこも暖かく
暖房がしっかりしているようでした。
お店ではエアコンとかではなく店内にストーブが焚かれ
かじかんだ手を温められるように気配りがされています。
地元の方同士の話言葉に、北国を実感しました。
九州の言葉もわかりにくいですが、北国の言葉はもっと難しいです(^-^;

都会のイルミネーションとは縁のない世界のようですが
私はその方が好きです。
自然にに逆らわず寄り添って暮らすことのほうが
ずっと人間らしくいられる気がしました。

風太郎さんへ

こんばんは。
田沢湖は秋田でも内陸なので、雪深いようです。
それでも、11月半ばの積雪は珍しいとの事でした。
厚着だけはしているものの、足元など何の準備をせず行ったので
どうなっかたは推して知るべし…と言ったところでしょうか。
風太郎さんは、真冬の北海道やもっと雪深いところの写真を
たくさん撮っておられますが、その苦労はこんなもんじゃないですよね。

他の観光客もまばらで景色は独り占め状態。
とても贅沢な時間を過ごさせてもらいました。
田沢湖一帯は、もう冬季休業に入るらしく
立ち寄った店も「明日からお休みです」と言われていました。
1日遅かったら、濡れたままホテルへ向かう羽目になったかもしれません。

横浜の3連休、中華街や山下公園などはすごい混みようでした。
もしかしたら北から遊びにいらした方もおられたかもしれませんね。
帰られたら、きっとホッとされたんじゃないかな~と思います。
賑やかな場所も時々はいいですが、私は基本田舎者なので
余り賑やかな場所は得意ではありません。
でもお見かけした観光客の皆さんが楽しそうにしておられたので
ここもいい街なんだなあ~と思った次第です(*^-^*)
秋田ですね。素晴らしい旅をしてらっしゃるんですね。
田沢湖ですか。寒いでしょうね。

今はそれ程でもなくなってますが、故郷では昔は3月末の雪解けの頃まで地面が隠れてました。
東京も昔はそこまでではないにしてもかなり雪が降ったようですよ。
東北生まれですが、閉鎖的な社会より東京の方が好きですね。
情報も今と違ってそう簡単に入らないので、なりたい職業に進む為の道が見えなくて夢などさっさと諦めてました。学校の選択も同じようなことがありました。

原発が稼働しなくてもこの夏も乗り切りました。電力は本当は間に合ってるんですけどね。電力不足を理由にしてますが、そろそろその詭弁も剥がれ落ちて来ています。

田沢湖は姫神(シンセサイザー奏者)が亡くなるまで移り住んでいましたね。





carmencさんへ

こんばんは~

今日は暖かでしたね~
東北の寒さがウソみたいです。
carmencさんは、雪の深いところでお育ちになったのですね。
熊本は阿蘇山の吹き降ろしの風が冷たく、底冷えのする寒いところでしたが
雪はあまり積もることはありませんでした。
京都にいたころはよく降ったので、雪遊びもいっぱいしましたよ。
雪に閉ざされた暮らしと言うのは想像もできませんが
日々の暮らしも大変ことが多いのでしょうね。
私は、そうですね~都会はあまり好きではないかもしれません。
身体が強ければ、土に根差す生活をしたいかな…。
でも、暮らしてみなければその土地のいい所も悪いところもわかりませんよね。
ただ、都会にないものがある反面、都会には普通にあるものがない。
そういう、どうしようもないジレンマはあるでしょうね。

国会も何がなんだかわからないまま解散して、私たちには何もできず
何の希望も期待もなく選挙に行って。
政治とは私たちの暮らしからかけ離れた遠い遠いところにあるようです。
原発の再起動…人はそういう風にプログラミングされているらしいですが
大事なことも少ししたら忘れてしまう…。
何を以て安全だとのたまうのか。
政治家の考えることはわかりませんね。
姫神、初めて知りました。
ああいう環境は芸術を生むのかもしれませんね。

都会と田舎。
どっちががいいということもなく悪いということもなく
どこであってもそこが好きなら、それでいいのだと思います。

Write Comment







  Only to a master?

Trackback

| Main | All |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。