| Main | All |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | | Top ↑
賢治が愛した花巻
IMG_9924-4 (4)
賢治の広場より

JR在来線の花巻駅の近くには、賢治に縁の場所がたくさんあります。
ぎんどろ公園 
春と修羅・・・印刷所跡(大正活版所跡)
毒もみのすきな署長さん・・・プラハの町の警察署跡(花巻警察署跡)
猫の事務所・・・郡役所跡
シグナルとシグナレス・・・岩手軽便鉄道花巻駅跡
税務署長の冒険・・・バーナムキャ税務署(花巻税務署跡)
注文の多い料理店…精養軒跡
銀河鉄道の夜・・白鳥の停車場
などなど他にもたくさん、賢治の童話に出てくる色々な場所のモデルとなった場所です。

時間があればゆっくり回りたかったのですが、今回は時間がなかったので
「賢治の広場」を探して町中を少し歩いてみました。
賢治の作品などの展示を通して、賢治の作品世界や賢治のいた時代の花巻を知ろう
というコンセプトで作られた場所です。


IMG_9924-4 (1)
賢治の広場より

IMG_9924-4 (3)
賢治の広場より
懐かしい木の机と椅子ですね。
無数の傷が時の流れを感じさせ、それがまた無性に愛おしい・・・

IMG_9924-4 (5)

IMG_9924-4 (2)
歩道に描かれていた賢治の世界

IMG_9973.jpg
在来線の花巻駅です。駅の色使い、銀河鉄道を想像しました。

IMG_9977.jpg
童話村に行く前にここでお昼ご飯を頂きました。
注文されることはなく、反対に私達が注文しました(笑)

この日、マルカンデパートに車を止めて、散策の始めました。
花巻では老舗のデパートですが、何ともレトロチックな場所でした。
お箸で食べるソフトクリームが有名だそうです。
車は何時間停めても、買い物などしなくても無料。
15分刻みで高い駐車料を請求されるどこかの街とは大違い。心が広いです(*^-^*)


このあと、車に戻り、「賢治の学校」「宮沢賢治童話村」を目指しました。
それにしても、岩手も秋田に負けず劣らず寒かったです。

今日は大寒。
これから寒さの本番を迎えますので、皆様どうぞお体ご自愛くださいませ。
次回は「宮沢賢治童話村」です。

それにしても、どこも出掛けていないのでそろそろネタが付きそうです(汗)

ではまた。
スポンサーサイト
風景写真 | comment 6 | trackback 0 Top ↑

Comment

宮沢賢治でもっている町のようですね。
死してなお経済効果をもたらしていることに驚嘆です。
柳川の北原白秋もこれほどの効果はないようです。
県民の賢治に寄せる思いは色々な方面に浸透しているのですね。

次回もまた楽しみにしています。
おぼろさん~おはようございます
体調はすっかりよくなられましたか。案じています。
おぼろさんのお蔭で宮沢賢治の事について博識を得ることが出来感謝しています。
銀河鉄道の夜の本懐かしいです。夢を馳せて読みました。
木の机と椅子は当時の時代背景が想い出されます。傷が沢山入った机で勉学に励んだあの頃を想い出します。人に暖かい人情溢れる花巻素敵ですね。
感動ありがとうございました。
ウン十年前学校で行った記憶はかなり薄れてますが、花巻は印象的でした。確か賢治の生家に行ったと思います。
それからずっと後子育て中のことですが、賢治のお話のテープを聴きながら身体で表現するワークショップに子供が入ってたことがあります。
また子供たちに映画を提供する会のお手伝いをしていた時に「グスコーブドリの…」と「賢治のトランク・双子の星」を上映しましたが、「グスコーブドリ…」には感動しました。賢治の思いの深さを再認識して震えました。
花巻の旅行、賢治の世界に沢山触れられて羨ましいです。
良いご旅行でしたね。
どんこさんへ

花巻はどこへ行っても、賢治の香りがします。
人々の心の奥深く、その精神が根付いているのかもしれません。
まあ、地方都市の現状はどこも同じだと思われますが
他には大きな観光施設もありません。
ただ心のよりどころとするには羨ましいような環境です。
物にあふれた便利な都会と心豊かな不便な田舎。
どちらで生きていくかを決めるのは難しいですね。

いつかまたゆっくり訪ねたい場所であることは間違いないようです。

サンタナさんへ

こんにちは。
ご心配をおかけしました。
体調は良かったり悪かったり。
このインフルエンザの時期だけはなかなか動けませんね。
宮沢賢治は、元々好きではあったのですが、花巻を訪ねてからは
もっともっと知りたいと思うようになりました。
幸い今は、時間だけはたっぷりあるので本を読んで過ごしています。

賢治の作品は、子供の頃読んだ時も面白かったのですが
大人になって読み返すとまた違う一面が見えたりして
奥深いものがありますね、

勉強の合間の心の洗濯。
最近のホッとする時間になっています。


carmencさんへ

こんにちは~
冬眠中、ときどき顔を出してはここに座っている私です(笑)

花巻へ行かれたことがあるのですね~
それから、賢治のお話のテープを聴きながら身体で表現するワークショップ。
それ、とってもいい思います。
最近、本を読み直して思うのですが子供が読むには少し難しいような部分が
あったりして、今だからわかる…そんな思いもあります。
言葉がとても美しくて、抒情的でとても奥が深いのです。
子供は、読み聞かせをとても喜びますね。
読み人の声から色んな感情を聞き取っていますよね。
carmencさんも賢治のいろんな世界に触れてこられたのですね。

大人になってから読む賢治の話は、子供の頃のそれとは
ひと味もふた味も違った面白さを感じています。

1月も終わりに近づき2月の入ればすぐに立春です。
天空には春の気配がしていることでしょう。
風邪などひかれないようにお過ごしくださいね(*^-^*)




Write Comment







  Only to a master?

Trackback

| Main | All |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。