| Main | All |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | | Top ↑
昭和の風景
今カメラが故障して修理に出しているので、以前の写真での日記が続きますが~

お盆にもう一箇所面白いところを見つけていました。

昭和の風景と題して、ジオラマが展示されていたのです。

場所は天水町にある温泉
天水町は男はつらいよ など数々の作品を残された俳優 笠智衆 さんの出身地でもあります。
懐かしいポスターなども数多く展示されていました。

2008 8月15日 昭和の町 3
こちらは映画館の表玄関 舞台は熊本の繁華街、サンロード新市街辺りと思われます。
たばこって右から書かれてます。すごい! こばた じゃないですよ~(笑)
ポストも懐かしい形ですね~
新市街も昔は屋根がなくて、こんな感じだったそうです。

2008 8月15日 昭和の町
ここはどうやら映画館の裏手のようですね~
ほら、「三丁目の夕日」でこんな風に洗濯物が干されてましたよね!!


2008 8月15日 昭和の町 2
ちなみにこちらは藤崎宮前の電鉄の雰囲気?
そうそう、昔はこんな感じでした^^
電車は今とあまり変わっていないような~
看板がすごく懐かしいです。

2008 8月15日 昭和の町 4
ちょっとピントが悪くて見えづらいですが、電車に藤崎宮前と書かれているような感じですが・・・
電信柱も木製ですね~味わいがあります。

2008 8月15日 昭和の町 5

これは電停の裏側・・・
こんな風になっていました。
これって火の見やぐらかな・・・

2008 8月15日 昭和の町 6
これはミゼット
ほら!あの映画で大活躍しましたよね?
まさか見てないなんて方はおられないでしょう(笑)
1作目、夕暮れの堤防を走り、家族で見つめたあの夕日・・・
ゴジラが暴れる街中を、家族を助けに走ったり・・・

まあ、この辺りの感想は自己満足なのですが(笑

とにもかくにも見たとたん懐かしくてカメラを向けずに入られませんでした。
ほんとリアルな作りにビックリでした。

スポンサーサイト
風景写真 | comment 10 | trackback 0 Top ↑

Comment

いいなぁ~
タバコやほし~ポストほし~(笑)
これは菊池電車ですな~
今はもう走ってないけど、模型でしか味わえない風景になってしまいましたね~
こんなジオラマ、、見ていて飽きないよね~~?
東京物語は笠さんの代表作だものね・・・
映画館で観てみたかったなぁ・・・
看板も昭和チックで懐かしい感じだけど、、、
コカコーラの看板なんて、、モダンだったんですね~~(笑

あはは、、三丁目の世界に入り浸ってしまいそう~~(*^m^*)
お~~!昭和の風景いいですね。懐かしいと思えるなんて・・・時を感じます(泣)・・・で、ここは熊本にあるんですか?行ってみたいですね!!今、改めて思うと、いい時代だったなと思う。いい時代に生まれて感謝!今と比較すると、不便な時代であったし、ほしいものも中々手に入らなかったけど・・・大切なものが一杯あった!!幸せというのは、むしろ足りないものが多いほど、一杯あるような気がする!!楽しい写真を見せてくれて、ありがとう!!
懐かしいなー
看板がリアルですね
三丁目ーーー見ましたよ
ミゼットのクッションは結構良かったように思います

新市街には「銀丁」百貨店がありましたし水道町には「千徳」もありました
スーパーはなくて、百貨店の良き時代でもありました
数十年もすると現在の情景が懐かしくなるのでしょう
ネット社会はどんなになっていることでしょうね
母校の大先輩です。

何を隠そう、どんこは「男はつらいよ」の渥美清の大ファンです。全作のビデオ47巻とアニメ版まで持っています。

渥美清が亡くなった年、3年忌にも柴又詣でをしました。
上京する度、柴又帝釈天、渥美清記念館には行っています。

去年は矢切の渡しで伊藤左千夫の野菊の墓へも行ってきましたよ。
へへ~師匠これいいでしょう?
きっと欲しだろうなあって思ってました。
電車に関しては私よりやっぱり師匠のほうが詳しいですね~
電車も街並みももう、模型の中でしか出会えない風景ばかりになりつつありますね。
昭和は遠くなりにけり・・・でしょうか
ジオラマは楽しいですね~
見るのも楽しいし、作るのも楽しそうです。
色んなことを想像しながら昔を思い出して手作りするのもいいと思います。
そうそう私が子供の頃コカコーラっていくらだったかな・・・60円くらいだったかな。
あとラムネとかホームランバーだとか・・・
もう1度、三丁目の世界に迷い込んでみたいものですね。
懐かしいと思える時代があるというのは素晴らしいことですよね。
今の時代が後数十年の時を経た時に懐かしいと思える時代であってくれたらいいなと思います。
不便さの中の工夫とか足りないものの中にある充足感。
昭和の時代は幸せを求めてみんなが走りぬけ、走りながら大事なものを少し落っことした・・・
そんな気がします。
今からでも遅くないなら集めて回りたいものです。
おお~pachiriさんも三丁目・・・ご覧になっていただけましたか~
ありがとうございます・・・って私が言うのもなんですが(笑)吉岡さんが出演されていますのでとりあえずお礼を言わせていただきます(笑)
夏休み大阪から帰省した時「銀丁饅頭」を食べたことがあります。確か小さな小判型のお饅頭だったように記憶しています。
今日サンロードを歩いていたら昔何かがあった場所が整地されていて、あれ?いったい何があったっけと思い出してみたら映画館でした。
松竹かな・・・。
解けてしまえば何があったか忘れてしまう程度の記憶なのに、遠い昔のことは良く覚えていてビックリします。
そうでしたか~
多分そうじゃないかってなんとなく思っていました。
笠置衆さん、独特の語り口調で大好きな役者さんでした。
>渥美清が亡くなった年、3年忌にも柴又詣でをしました。
上京する度、柴又帝釈天、渥美清記念館には行っています。
そうだったのですか・・・
次々と昭和を代表する役者さんがなくなられて段々とあちらの世界が楽しい世界になりつつありますね^^まだまだ逝けないけど・・・(笑)
それにしても「男はつらいよ」にアニメ版があったとは今の今まで知りませんでした~

Write Comment







  Only to a master?

Trackback

| Main | All |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。